映画・美女と野獣 字幕版を見てきた!その評判とレビュー

ディズニーの話題作・美女と野獣(実写版)の
字幕版を見に行ってきました!

映画・美女と野獣の評判はどうなの?

やっぱり面白かった?見るべし?

今日は映画・美女と野獣(実写版)のレビューを書いてみようと思います。

スポンサードリンク
     

映画・美女と野獣 字幕版を見てきた!

引用:Youtube ディズニー公式


美女と野獣詳細

公開日:2017年4月21日(金)

上映時間:130分

原題:Beauty and the Beast

【キャスト】
ベル:エマ・ワトソン(昆夏美)
野獣:ダン・スティーブンス(山崎育三郎)
モーリス:ケビン・クライン(村井國夫)
ガストン:ルーク・エバンス(吉原光夫)
ル・フウ:ジョシュ・ギャッド(藤井隆)


ディズニーの実写版映画『美女と野獣』が4月21日から公開されています。

画像の美しさと圧倒的な知名度で
公開されるや大ヒットとなっているようですが
ゴールデンウィーク前に美女と野獣を見に行ってきました。

ベル役は、『ハリー・ポッター』シリーズでかわいかった
ハーマイオニー役のエマ・ワトソン(27才)

日本語吹き替えは『ロミオ&ジュリエット』のジュリエット役でデビューし
ミュージカルで大活躍している昆夏美さん。

野獣役は、主に舞台で活躍している
イギリス人男優のダン・スティーブンス(34才)

日本語吹き替えは、モーニング娘なっちこと安倍なつみの夫、
ミュージカル界のプリンス・山崎育三郎です。

今回は評判が良かった『字幕版』の方を見てきましたよ。


スポンサードリンク


映画・美女と野獣の評判とレビュー

引用:Youtube ディズニー公式

最近のディズニーは、過去にアニメ化した映画を
次々に実写化し、成功を収めていますよね。

まあ原作にほぼ忠実だったり(シンデレラ)、
大幅な変更を加えたり(マレフィセント)などと
色々ありますが、やはりディズニー作というだけあって
どの作品もとても映像が美しく、素晴らしい出来でした。

なので今回の実写版・美女と野獣も
否応なしに期待が高まります^^

今年のゴールデンウィークの目玉映画でもあるので
気になっているって人も多いのではないでしょうか?

映画・美女と野獣の評価を調べてみた所、

●映画.comでは4.2点

●Yahoo映画では4.45点

とかなりの高ポイントです。

しかし!

どうも日本語吹き替え版の評価が今ひとつ芳しくない。

どうも野獣役の山崎育三郎さんの声が
甘すぎてイケメンすぎて、野獣の雰囲気にそぐわない、
というもの。

Youtubeなどで見た感じでは、歌の部分はとてもうまく、
見た目とは裏腹に繊細な野獣という感じで私的には
そんなに悪い気はしなかったのですが、
そういう声が結構多かったので字幕版にしました。

で、この実写版の美女と野獣ですが、
この作品もシンデレラのように、かつての物語に忠実な、
美しさと音楽などが格段に進化したリメイク作品になっています。

歌もアニメ版と同じ曲が使われており、
聞き慣れたおなじみのナンバーが耳に心地よく響きます。

みんなとても歌が上手で、前半はもうミュージカルといっても
過言ではない程。

「アニメ版・美女と野獣」や「アラジン」「リトルマーメイド」などで
数々の名曲を世に生み出し、また東京ディズニーシーのアトラクション・
「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」の名曲
「コンパス・オブ・ユア・ハート」を手掛けたアラン・メンケンが
今回この映画のためだけに描き下ろした新曲もあり、
歌を聞くだけでもその価値はあります^^

ベル役のエマ・ワトソンも歌声を披露していますが
こんなに上手だったんですね。
(かなり編集しているという噂も・・・)

セリーヌ・ディオンが歌っていた主題歌は
今回アリアナ・グランデが歌っていますが、
コレも近代風になっておりなかなかいい感じです。
(でも私はセリーヌ・ディオンの歌の方が好きですが)

ストーリーはハズレ無し、王道どストライク!

子どもがゴールデンウィークに見るのにピッタリな美しい作品でしょう。

ガストンはアニメ通りイケメンだけど冷酷で、
自分勝手で、野獣を後ろから撃つような嫌な奴。

この映画のテーマは「表面の美しさだけで人を判断してはいけない」
「人は外見では決まらない」ということだと思うんですが、
確かにガストンはイケメンで外見的には優れているものの、
町の人に嘘をつき煽り何一つ悪いことをしていない野獣を倒しに行こうとする様は
本当に冷酷で身勝手で醜い。

野獣はその傲慢さゆえ野獣に変えられてしまったのだけれど
ベルと出会ったことで愛を知り、ベルに歩み寄っていく。

ベルもただ囚われてよよと泣き崩れはしない。

まあベルが野獣に惹かれていくのがあっという間で
ちょっとそこはもっと丁寧にしてほしかったな〜
と思わなくもないんですが、
でもアニメ版が好きだった人も大好きになる忠実な映画なので
見て損はなしと断言できます。

「人を見た目で判断しない」
ハッとさせられる映画でした。

まとめ

アニメ版よりキャラクターが深く表現されていて
物語に重厚さが加わり、素晴らしい仕上がりになっている
実写版・美女と野獣。

音楽も映像も素晴らしいので、
是非このゴールデンウィークにお子さんと一緒に
見に行ってみて下さいね^^

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加