鹿児島の結婚式場は?結納のしきたりや結納金の相場。費用負担はどうする?

8-16 鹿児島の結婚式場は?結納のしきたりや結納金の相場。費用負担はどうする?

毎日カンカン照りの日々が続いていますが、
もうすぐ秋のブライダルシーズンに突入しますね?

ご結婚が決まった方、おめでとうございます。

今日は鹿児島の結婚式場についてや、鹿児島の結納のしきたりについて、
また結納金の相場や、結婚式の費用負担についてなど、
鹿児島でのイマドキの結婚式事情について書いてみようと思います。

スポンサードリンク
     

鹿児島の結婚式場はどこがいい?

鹿児島市にもたくさん結婚式場がありますが、どこがいいのか悩みますよね?

私も結婚式をどこで挙げるか?散々悩みました。

色々と候補はありましたが、でも最後の決め手は、料理の見た目・美味しさは
もちろんのこと、コストパフォーマンスの高さと、設備の良さ、
スタッフの誠実な態度、立地の良さで城山観光ホテルに決めました。

でも城山観光ホテルって鹿児島で一番有名なホテルだし、高いんじゃないの?
って思いますよね?

私達の場合、なにやかにやで結局300万円くらいだったと記憶しています。

何が一番評判が良かったかって、やはりホテルだけあってお料理の見た目が美しく、
美味しかったのが一番でした。

私達の時にはなかったのですが、最近ではデザートブッフェもかなり人気ですよね?

ガーデンにスイーツがたくさん用意してあって、各自取りに行って食べるというスタイルは
女性だけではなく、男性の方やご年配の方にも好評なようです。

やはり結婚式では、美味しく華やかな食事が一番の目玉だと思っていたので、
そこではあまりケチらず、そこそこの値段のものを出しました。

やはり結婚式の食事がしょぼいと、結婚式の満足度は著しく下がってしまいますからね。

特に年配の方などは『見栄え』に大変こだわりますから、
いかにも結婚式のお金をケチりましたとわかるような低い値段の食事だと、
後から陰口を叩かれかねないので注意しましょう。

数多く出席した友人や親戚の結婚式でも、やはり満足度が高いのはお料理の良かったもので、
反対に料理がしょぼかったりすると、後々まで文句を言われていました。

また、式に参加してくださる方の交通の便が良い、というのも評価が高いです。

城山観光ホテルを知らない人はそういないですし、タクシー券も用意できます。

バスも出ているので、お酒を飲んでも交通の便が良いのもいいでしょう。

何より、鹿児島一の高級ホテルでのお式なので、双方の両親のプライドも
満たしてくれるので、結婚式に箔が付く、
というのも大きいかもしれませんね。

やはり結婚式はプライドと言うか、見た目も大事だと考えるご年配の方も
まだまだ多いです。

なので、ホテルウェディングだということだけで喜んでくれる親御さんは多いですよ。

もちろん、お金がかかる人生最大のお式なので、それぞれに予算もありますよね。

城山観光ホテルではブライダルフェアを開催しており、
スタッフの方がきめ細やかに相談に乗ってくれますので、
気になる場合には一度足を運んでみても良いかも?

ネットでは、限定で城山のランチ付きの相談会などもやっているので、
ホームページを見て相談してみてくださいね。

>>城山観光ホテルブライダルフェア

鹿児島の結納のしきたりって?

都会では結納をあえてしないという人も増えているようですが、
やはり鹿児島ではまだまだ結納をするって人が多いです。

友人は結納はしないつもりだったそうですが、親からの強いお願いで
結納をし、仲人さんを立てたと言っていました。

仲人さんは立てないって人は最近は多いようですけどね。

最近では結納をすると言っても形式にはあまりこだわらない傾向が強くなってきており、
略式でするカップルが多く、場所もホテルでとか自宅でとかありますが、
自宅で略式で結納をする人が多いと聞きます。

本来の結納というのは仲人を立てたり、両家を行き来したり、
目録の品物を揃えたりなどと、結構手間がかかります。

私も自宅で略式結納をしたのですが、私の自宅でお料理は私が支払いました。

そこら辺はご両親にもよく相談をした上で確認してもらえればと思います^^

スポンサードリンク

鹿児島の結納金の相場はいくら?

よく聞く話だと、結納金の相場は大体100万円程だと言われますね。

私の場合も100万円でした。

統計などでも、100万円が50~60%と最も多く、
次いで50~100万円が25%程と言われていました。

80万円っていうのは末広がりで縁起が良いともいわれていますが・・・。

私は結納返しとして、20万円くらいのバイクを返しました。

新居引っ越し後はバイク通勤になるということで、相談してバイクってことにしました^^

結納返しの定番は時計やスーツなどと言われていますが、
結納返しを必ずするものとは決められてはいないようです。

結納返し分を予め差し引いて渡したり、結納返し分は新生活に回すという
堅実なカップルも。

結納返しが大体いくらぐらいかというのは、地域によってというより、
その家によって違うので、相場は一概には決められません。

ですが、お祝い事なので不吉な数字【4・9】は避けた方が無難。

30万円や50万円など、キリの良い数字が好まれます。
(もちろん結納金の額に比例します)

鹿児島は特に名古屋のように華美だったりとか派手だったりとかはしません。

ですが、やはり金額にこだわる家庭などもありますので、
お金のことはなかなか話しにくい内容ではありますが、
二人で話し合っておくと良いでしょう。 



鹿児島お結婚式の費用負担はどうなる?

結婚するお二人や両家の考え方によっても違うと思われますが、
一番もめない負担方法は、お互いがお互いの分を持つ、という方法です。

男性の場合は呼ぶ人が多くなりがちですし、女性の場合はドレスなどの
衣装代がかなりかかります。

最近ではドレスなど何度も衣装を変えるという花嫁さんも多いので^^

ドレスだけじゃなく、和装もするのが夢!って女性も多いですもんね。

私の周りでもお互いがお互いの分の費用を出したっていう人が多いです。

でも、『男性側が多く負担するべき』とかいう考え方の人もまだまだ多いようで、
7:3で男性側が多く払った・・・っけいうケースも。

これはもう人それぞれの考え方ですから一概には決められません。

結婚する二人がよく相談して決め、両親に話して確認してもらうと良いでしょう。

後、結婚式の費用はお互いで出すことを決めたのに、男性側のお母さん
(お嫁さんから見たら義理のお母さん)が、式のことや衣装にあれこれ口出しをして
困る・・・という体験談もよく聞きます。

お嫁さんの方からはなかなか「やめてください」とは言い出しにくいので、
男性の方から察してあげてほしいと思います^^

まとめ

結婚式って本当に幸せな時間の共有ですよね?

でも結婚式は二人だけのものではなく、両親や親戚も関係する人生で一番のイベント。

しっかりと話し合い、わだかまりを残さない素敵なお式にしたいものですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加