鹿児島国文祭 マーチングの祭典に行こう!当日券はある?アクセスは?

11-1 鹿児島国文祭 マーチングの祭典に行こう!当日券はある?アクセスは?

いよいよ鹿児島国民文化祭が始まりました。

昨日、オープニングセレモニーに皇太子さまご夫妻をお迎えし、
華々しく始まった鹿児島国文祭。

今日はこれまた人気のマーチングバンド・バトントワーリングの祭典について
書いてみようと思います。

さあ、鹿児島国文祭を頑張って盛り上げていきましょう^^

スポンサードリンク
     

鹿児島国文祭 マーチングに行こう!

マーチングバンド・バトントワーリングの祭典詳細

開催日時:2015年11月8日(日)

開催時間:10:00~15:30

開場時間:9:30

開催場所:鹿児島アリーナ メインアリーナ
草牟田のタイヨーの近くです。

〒890-0023
鹿児島市永吉一丁目30番1号
TEL 099-285-2244

連絡先:第30回国民文化祭鹿児島市実行委員会事務局

  • 099−216−1503

いよいよ国民文化祭が始まりましたね。

昨日は皇太子さまご夫妻がオープニングセレモニーにご出席されました。

一昨日、鹿児島に来られた際には、高速を降りられた伊敷町付近で
皇太子夫妻を出迎えた私たち。

気分は十分盛り上がってきました^^

とは言え、全体的な広報があまりうまく行っていないような感じがすることも。

だってあんまり周りのみんな、国文祭についてよく知らないし、
イベントにも興味がないみたい・・・。

せっかく鹿児島で行われる国民文化祭なのだから、
もう少し盛り上がってほしいな、という感じです。

ということで、吹奏楽の祭典の次にいち早くチケットが売り切れた
『マーチングバンド・バトントワーリングの祭典』。

私達も早々とチケットを取って、行く気満々です^^

>>マーチングバンド・バトントワーリングの祭典の進行表はこちら

鹿児島国文祭 マーチング 当日券はあるの?

真っ先にチケットが売り切れたのは、吹奏楽の祭典でしたが、
その次に売り切れたのがこのマーチングバンド・バトントワーリングの祭典でした。

やはり音楽系のイベントの人気は根強いですね?

昨日のオープニングセレモニーをテレビで見ていたのですが、
演奏をする人たちも合唱を披露した人たちも、
この日のために一生懸命練習していて、とても上手で鳥肌が立ちました。

かなりレベルが高い感じがしたので、マーチングバンド・バトントワーリングの祭典は
とても見応えがありそうですよ。

チケットは売り切れたのですが、調べてみたところ、
当日券の発売があります。

なので、興味はあるけどチケットがない!って方は、当日券をGETして
ぜひ会場で見てみて下さい。

全日本吹奏楽コンクールでも全日本マーチングコンテストでも
金賞を受賞している精華女子高等学校や、
世界バトントワーリング選手権大会の日本代表、駒田 圭佑さん、
中村 麻美さんも出演されます。

きっと満足できる素晴らしいイベントになると思いますよ。

楽しみです^^

★★★マーチングバンド・バトントワーリングの祭典 当日券詳細★★★

販売時間:9:00

販売場所:会場(鹿児島アリーナ)

販売枚数:300枚

※購入できるのは1人1枚限り
※未就学児も席を利用する場合は有料

スポンサードリンク

鹿児島国文祭 マーチング アクセスは?

マーチングバンド・バトントワーリングの祭典は、
永吉町にある鹿児島アリーナで行われます。

時々コンサートなどもあるので、ご存じの方も多いでしょう。

駐車場にもたくさん駐車スペースがありますし、場所も国道3号線沿いと
とても便利な場所ですが、イベントになるとものすごい人になり、
なかなか駐車場に駐車できません。

コンサートに限らず、ディズニー・オン・アイスなどのイベントでも
なかなか駐車できずに周辺は大渋滞するので、
公共交通機関を使って来るか、無料のシャトルバスが出るので
それを使った方が良いでしょう。

臨時の駐車場として近くの原良小学校が開放されます。

約150台が駐車可能で、そこから無料のシャトルバスも出ますので、
こちらを利用するといいかもしれませんね。

★★★マーチングバンド・バトントワーリングの祭典 無料シャトルバス時間★★★

路線:鹿児島中央駅(西口)⇔原良小学校⇔鹿児島アリーナ

始発時間:鹿児島中央駅を8時15分

>>シャトルバス時刻表・周辺地図

まとめ

鹿児島国文祭の周知徹底がちょっと足りないような気がしないでもないですが、
この日の為に一生懸命練習してきた高校生を始めとしたたくさんの人達が、
満足できるパフォーマンスができたらいいなと思いますね^^

無料で参加できるイベントもたくさんあるので、
ぜひあなたも鹿児島国文祭に参加してみてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加