鹿児島で地震が頻発!鹿児島 で大地震の可能性はあるの?

3月11日に鹿児島湾で起きた震度3の地震、
びっくりしましたよね?

同じ日に南さつま市でクジラが6頭打ち上げられたこともあり、
ネット上ではその噂で持ちきりです。

鹿児島で近いうちに大地震が起きるの?

今度の地震は桜島の大噴火の予兆なの?

それとも南海トラフ地震の予兆なの?

みんなとても心配しているようです。無理もありませんが。

今日は鹿児島の地震事情について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク
     

鹿児島で地震が頻発!

3月11日の鹿児島湾内を震源とするM3.6の地震、
びっくりしましたよね?

同じ日、鹿児島県南さつま市で6頭のクジラが打ち上げられ、
「鹿児島がマジであぶないんじゃ!」とネットで騒然となりました。

というのも、クジラが複数頭打ち上げられると地震が来る、
と言われているから。

以前、ニュージランドで大規模な地震が起きる前にも
百頭単位でクジラが打ち上げられたと言われていますし、
2011年の東日本大震災の前にも茨城で約50頭のクジラが
打ち上げられていた、とニュースにもなっています。

正直、クジラが集団で打ち上げられたことと
地震との因果関係についてはよく分かっていませんが、
過去にそういうことが起こったことがあるため、
みんなが疑心暗鬼から心配している、というのが本当かも?

また鹿児島の釣り人さんが、これまた『地震魚』として有名な
深海魚「テンガイハタ」を釣り上げたことも話題になっていました。

地震前にはリュウグウノツカイなど、ちょっときもい深海魚があがった、
とよく話題になりますが、これもまだ因果関係は分かっていません。

でもなんとな〜く、

クジラがたくさん打ち上げられた、

キモい深海魚が打ち上げられた

とか聞くと、ひょっとして大きな地震が来るのでは?
とついつい思ってしまいます。

今回の地震、

→「ドン」と突き上げるような揺れがあって、室内のガラスが震えた

→気持ちの悪いユラユラした揺れが続いた

と感じる人も多く、

もしかして桜島の大噴火が起こるのか?

もしかして南海トラフ地震の前兆か?

とネットでは騒然となっていました。

震源が鹿児島湾内だったので、大正大噴火並の噴火が起こるのでは?
と考えた人が多かったようです。

たしかに大正大噴火から約100年経過し、
桜島のマグマ溜まりも大正大噴火レベルまで戻ってきている、
と専門家の先生がおっしゃっているので、
そう遠くない将来、大規模な桜島噴火が起こるでしょう。

でも今回はそのような情報は出てきていないので
そこまで心配する必要はないでしょう。

スポンサードリンク

鹿児島 で大地震の可能性はあるの?

3月11日の21時10分には、鹿児島湾を震源とする震度3の地震が、

翌3月12日の3時49分には、薩摩半島西方沖を震源とする震度3の地震が起こりました。

続けて震度3の地震があるってびびったんですが、
震源地が違うことにもびっくりしましたよね。

東大名誉教授の村井俊治氏は地震予測で有名ですが、
その村井氏が、薩摩半島西方沖の動向に注意するように
言ったとも言われているので、注意しておくことは大事かもしれません、
地震が予知できるかできないか?は別にして。

鹿児島の場合、地震について懸念されるのは・・・

桜島の大噴火

南海トラフ地震

でしょう。

近々来るのではないか?と噂されており、
先日、地震を引き起こす地殻の「ひずみ」が
広い範囲でたまっていることが調査でわかった
南海トラフ地震。

専門家はいつ起こってもおかしくない、と言って、
政府やNHKが南海トラフ地震でのシュミレーション動画を発表しています。

死者が約33万人でるとシュミレートされている南海トラフ地震ですが、
もうこれは

「来るか来ないか?」

ではなく、

「いつ来るか?どう備えるか?」

のレベルになってきています。

みんないつかは来ることがわかっている、んですが、
実は実際に自分の身にそのようなことが起こるなんて、
と甘く考えて、あえて考えないようにしています。

でももうそれではダメなんです!

→自分が住んでいるところではどのような被害が想定されているのか?

→どのように逃げるか?どのようなものを備蓄するのか?

→命を繋いでいく為にはどうすれば良いのか?

を家族みんなで考えて、最低限の被害で済むように
しっかりと対策を取ることが必要です。

鹿児島の場合、南海トラフ地震での予測は・・・・

震度としては、震度6弱

津波としては、最大10メートルが予測されています。

>>鹿児島市津波ハザードマップ

これは予想なのでこれよりも被害が大きくなる、
小さくなるという可能性はあります。

大事なのはとにかく被害を最小限に抑えるためにできることを、
何も起こっていない今のうちにしておくこと。

鹿児島は南海トラフ地震ではそこまで大きな被害はでなさそう、
っていう風に思いがちですが、
大隅半島の海沿いは津波の被害を受ける可能性は高いですし、
地震も起こると予想されているので、軽く考えるのはNG!

怖いですが予想されていることを正しく知り、
それに備えて危機意識を高めておくことが大事だと言えるでしょう。

引用:Youtube 日本全国探検隊長マリオ

まとめ

私も地震以降、色々と鹿児島の地震について調べてみました。

そしたら自分がいかに楽観的に考えていたか?が
よくわかり、愕然としました。

大事な家族が地震で悲しい目に会わないために
今できることを冷静にやっておかなければ!
と痛感しました。

次はもう一つの鹿児島の懸念材料、
桜島大噴火のことについて調べていきたいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加