おぎおんさあの日程や意味は?交通規制についてまとめてみた!

7-20 おぎおんさあの日程や意味は?交通規制についてまとめてみた!

※この写真はおぎおんさあの写真ではありません。

※2017年の日程に更新されています



鹿児島の夏を彩る行事・おぎおんさあ

鹿児島では有名な夏の行事ですが、
あんまり知らないって人も、実は多いのでは?

今日は歴史あるおぎおんさあについて
書いてみようと思います。

スポンサーリンク
     

おぎおんさあの日程は?

引用:Youtube nanabanさん


おぎおんさあ2016年詳細

※今年から、前夜祭(宵祭)の会場が中央公園に変更になります※

開催日:【宵祭】2017年7月22日(土)
    【本祭】2016年7月23日(日)

時間:【宵祭】17:00~20:00
   【本祭】11:00~14:00

11:00 発幸祭(中央公園)
11:20 ご神幸行列
14:00 着幸祭(鹿児島商工会議所ビル前)

11:30~15:30 歩行者天国

場所:鹿児島市東千石町天文館地区

イベント内容:ご神幸行列
・ご神幸行列の紹介(猿田彦、露払、地方山車、神官山車 などなど)
・金管バンド演奏
・太鼓演舞
・ご当地キャラクターショー
・縁日ブース(スーパーボールすくい、射的、輪投げ などなど)
・山車の展示       

駐車場:なし

問い合わせ先:八坂神社祇園奉賛会
099-225-9500


毎年夏に、天文館周辺で行われる行事、おぎおんさあ。

今の時期になるとテレビでCMが流れますよね?

老若男女問わず、有名な行事ではあるのですが、
ホームページとかで検索してみても
大した情報は載っていません。

公式サイトも、もう少し写真入りで
色々な情報をアップしてくれていれば良いのですが・・・。

とは言え、神輿を担ぐ方々の熱気は凄まじく、
皆さん、勇壮でカッコいいですね^^

鹿児島の内外からも来て見てもらいたい
歴史ある素晴らしい行事です。

おぎおんさぁの意味とは?

鹿児島の夏の風物詩・おぎおんさあ。

ちょっと年配の人だと「おぎもんさあ」とか言いますが、
鹿児島では有名な夏の行事ですよね?

天文館周辺が歩行者天国になったり、
勇壮な神輿で練り歩いたりと、
まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような光景に
必ず見に行く、って人も多いかもしれません。

でも、おぎおんさあの名前は知ってはいるけれど、
詳しいことは全く知らない、って人も実は周辺に
多かったりもします。

おぎおんさあは、本当は『祇園祭』といいますが、
鹿児島では親しみを込めて方言で「おぎおんさあ」と呼び、
昔から広く親しまれてきました。

十二単をまとった官女・巫女を乗せた
御所車などを見ればわかるかもしれませんが、
その歴史は実はとても古く江戸時代から続いており、
庶民の手で盛大な祭りになった、と言われています。

遠く江戸時代から平成のこの時代まで続いているなんて
すごい歴史ですよね^^

このおぎおんさあは、

  • 悪疫退散

  • 商売繁盛

を祈願して行われるお祭り。

悪疫とは、たちの悪い流行病。コレラ・ペストなどのことで、
その昔は命を落としかねない大病だとして
恐れられていたのでしょう。

今はその意味もあまり知られていないかもしれませんが、
おぎおんさあは庶民文化の隆盛とともに盛大になった、
庶民の為のお祭りなんですね。

スポンサーリンク

おぎおんさあ 交通規制

おぎおんさあは、
高見馬場から朝日通りの間を歩行者天国にして、
約2kmを総勢3千人の行列が練り歩きます。

天文館の中心部を午後2時から練り歩くので、
交通規制が行われますが、
おぎおんさあに関する道路規制、
交通規制の詳細は探しだせませんでした。

ただ場所は南九州最大のお祭り「おはら祭」と
ほぼ一緒なので、おはら祭に準ずる感じになると思われます。

少なくとも、高見馬場から朝日通りは
バスは通れないため、迂回運行になりますので、
時間に余裕を持って出かけましょう。

まとめ

おぎおんさあは御所車や十二戴女、稚児花籠や大人神輿など
まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような
ご神幸行列が見どころです。

今でも毎年、普通に行われるおぎおんさあ。

実は歴史ある由緒正しい行事だったんですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ(レスポンシブ)

スポンサーリンクと関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加