犬にノミを見つけた!動物病院で駆除の薬を買った方がいい?どこでつくの?

IMG_8424

ノミなんて見たこと無い!だったのに、気が付くと愛犬のお腹を這う虫が!

これってノミなの?

駆除するにはどうすればいいの?取り敢えず病院?

でも室内犬のうちの子、どこでノミなんて拾ってきたの?

今日は実際にノミが付いた、わが愛犬のノミ騒動記です^^

↓この記事も人気です^^
>>犬のノミ ダニ駆除方法。症状ってどんな?予防薬ってあるの?

スポンサードリンク
     

犬にノミが付いた!犬のノミは動物病院に行ったほうがいいの?

鹿児島市の山深い町に住む我が家。

今はそうでもないけど、少しマエまではタヌキやイタチなどの野生動物が
よく庭先に来てました^^

だから前のワンコにはダニはわりかし付いてました、確かに。

とは言え今のチワワはほぼ室内犬なので、ノミはおろかダニにさえ
悩まされたことはただに一度もありませんでした。

それなのに!

愛犬とモフモフ中にふとお腹を見ると、茶色っぽい虫のようなものが
ゾゾゾゾゾ〜とお腹を移動していました。

え!なにこれ?とプチパニックになりながらもその虫らしきものをキャッチ。

Googleで画像検索をしてみたら何だかネコノミっぽい?

子供もいるし、これ以上広がったら大変!

ということですぐさまかかりつけの動物病院に電話し、
診察に行くことになりました。

実は私。

ノミを直接見るのは今回が初めて。
(ってその時点ではノミとは決まってなかったけど)

ノミってジャンプするし、動きが素早いって聞いていたから、
すぐに素手で捕まえられたこの虫は多分ノミじゃないかも?
などと簡単に考えていました。

でも先生は見るなり『これはネコノミだね』と。

痒がってもいないし、皮膚に赤いブツブツとかもない。

フンとかも見当たらないからそんなに多くは寄生していないだろうということで、
簡単に薬で駆除ということになりました。

でもノミとかって普通にホームセンターなんかで売ってる首輪とか、
スポット薬とか言われる首周りにつける薬なんかで
簡単に駆除できるイメージですよね?

いちいち動物病院に行かないといけないの?と思いますが、
ホームセンターなんかで売っている薬と、動物病院で出される薬とは
成分が違うそうで、やはり動物病院で出される薬のほうが薬効成分が良い
ようです。

また先生の今までの診察してきた歴史の中で、薬の効果や副作用などについての
データがちゃんとあるので、この薬は副作用が出やすいとか、
この薬は効果が高いなどという生の情報で薬が出されます。

なので比較的安全で効果の高い薬が、獣医師の判断の元で出される為、
動物病院に行った方が安全性が高い
と思われます。

動物病院で出されるノミの駆虫薬は
●スポット薬
●飲み薬
の2つ。

昔から良くあった、今もホームセンターとかで売られている首輪タイプのものは
今はあまり使われていないそうです。

今回出されなかった飲み薬は、吐いてしまう犬が多く、あまり出されないよう。

治療も首周りに塗るだけと簡単なのに、ノミ・ダニに薬1ヶ月間効果がある
スポットタイプの駆虫薬が今主流なんだそうです。

ノミなんて!と慌てましたが、スポット薬を首に塗るだけで
犬も怖がらず簡単に治療が終了。

1〜2日程度でノミは死んでしまうとのことで安心しました^^

スポンサードリンク

犬のノミ 駆除の薬はどんなの?

IMG_8421

今回、出されたスポット薬は『マイフリーガード』

後で調べてみたところ、有名な『フロントライン』のジェネリックなようですね。

副作用が心配な薬剤なようですが、幸いにもうちのワンコには何の副作用も
出ていません。良かった。

この薬の付け方としては、犬が舐められない首の後(肩甲骨の上)の
毛をかき分けて薬を塗るだけととても簡単。

薬剤が犬の体に浸透し、血液を吸ったノミ・ダニは死滅します。

でも、よく考えてみるとこの薬、結構怖いかも?と思いますよね?

私も今回は使ってしまいましたが、あんまり頻繁には使いたくないな〜と
思ってしまいました。

そこで調べたところ、天然のヒバ油というものが犬にダメージを与えることなく、
ノミやダニを駆除する効果があるとのこと。

使い方も水に天然ヒバ油を数滴入れてスプレーするだけという簡単さなので、
これからはこれを使おうかな?と考えています。

犬だけじゃなく人間にも色々と使えるらしいですし、何しろ天然成分なので、
小さい犬相手には良さそうです^^

お試しサイズを購入するので、送られてきたらまたこのブログで
記事にしてみたいと思います。

3犬 ノミってどこでつくの?

うちの犬はお散歩も基本していないし、ほぼ室内犬なんだけど、
一体どこでノミに感染したんだろう?

猫なんて飼ってもいないのに・・・。

と思っていました。

先生に聞いてみると、やはり基本は外のお散歩が原因だそう。

でもうちの子、外にほとんど出ないんですが?

実は、家の周辺をうろついている猫から感染することもあるんだとか!

良く考えてみたら、娘がしょっちゅう『玄関先にどこかの猫ちゃんがいるよ〜』って
言っていました。

私は猫も好きなので、そこまで邪険に追っ払ったりはしていなかったんですが、
そんなに会ってもいなかったので、猫のことなんて忘れていました。

外猫ちゃんは基本、色々なところをふらふらしている子が多いので、
やはりノミを持っている確率は高いんだとか。

ノミはジャンプ力がすごく、入り込もうと思ったらすぐにジャンプして
入り込めてしまうため、犬がお散歩に行かなくても周辺に潜み、
機会を伺っていると聞き、びっくり。

人間の洋服に潜んで愛犬に寄生するケースもあったというから
ノミ恐るべしですね。

とにかくノミはどこにでも潜んでいて、隙あらば愛犬を狙っているということ。

特に今頃の季節は気候も良いので、ノミ・ダニの活発な時期。

愛犬の体にノミ・ダニが付いていないか?

よ〜くチェックしてみて下さいね。

まとめ

まさか室内犬なのにノミの被害に合うとは思ってもみませんでしたが、
思いがけないところからの感染もあるって聞いて、気を引き締めないとと思いました。

今回はスポット薬で副作用もなく簡単にいなくなったノミでしたが、
できれば天然成分でノミ・ダニを駆除できるように、
まだまだ勉強しないといけませんね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加