マイナンバーとは?持ち歩く必要があるの?悪用されたりしない?

10-2 マイナンバーとは?持ち歩く必要があるの?悪用されたりしない?

昨日から10月。

いよいよマイナンバーの通知カードが送られてきます。

でもマイナンバーって何?

マイナンバーって悪用されたり、流出したりとかして怖いんじゃないの?

マイナンバーのカードって持ち歩かないといけないの?

などなど、知りたいけど聞けない小さな疑問ってありますよね?

今日はその辺を解決していきたいと思います。

スポンサードリンク
     

マイナンバーって何?

いよいよ10月から、マイナンバーの通知カード順次『簡易書留』
郵送され始めます。

実際にマイナンバーの利用が開始されるのは来年、2016年度からになりますが。

10月5日時点に住民票に登録されている住所に送られてくるマイナンバー通知カード。

転送不可の簡易書留で送られて来るため、ポストに入れる・・・という事ができません。
郵便配達員さんから直接受け取る必要があります。
(同居の家族受け取りは可)

なお、不在で直接受け取れなかった場合は、郵便受けに『不在票』が
入っているはずなので、再配達を依頼することになります。

ダイレクトメール等と勘違いして捨ててしまわないように
十分注意して下さいね。

マイナンバーの通知カードが送られてくるっていうけど、
そもそもマイナンバーってなんなの?

どんな制度なのか全くわからない!って人、実は多いのではないでしょうか?

マイナンバー制度というのは「国民の一人ひとりに12桁の番号が付く」という制度。

個人情報が一括で管理でき、データの共有や連携が円滑に進むようになります。

このマイナンバーは、

●社会保障(年金・医療保険・介護保険・生活保護・児童手当など)

●税(税務署等に提出する書類への記載)

●災害対策(防災・災害対策に関する役所関係の事務)

など行政や地方公共団体などが、様々な手続きを効率よく行う為に利用されます。

基本、赤ちゃんからお年寄りまで、日本に住所を有している全ての住民が対象になり、
その12桁の番号は死ぬまで変わることはありません。
(※情報が漏洩した場合には変更可能)

マイナンバー 持ち歩くの?家に置いてていいの?

マイナンバー通知カードはペラペラの紙のカード。

国民健康保険証みたいな感じですね。

でも、マイナンバー通知カードって個人情報がひも付けされた
12桁の番号を記した大切なカードなのに、持ち歩かないといけないの?

お家に大事に保管していいの?って不安になりませんか?

マイナンバー通知カードには漏洩したら絶対にいけない、
大切な情報が詰まっているので、できれば持ち歩きたくないですよね?

以前、マイナンバーの還付金について議論されていた時、
マイナンバーを買い物の度にレジに提示する方法が言われました。

年に4,000円還付してもらうために、毎回持ち歩き、買い物の度にレジに提示するって
カードを紛失したり盗難に合う可能性もありますよね?

麻生太郎財務大臣が「カードを持っていきたくなければ持っていかないでいい。
その代わり、その分の減税はないだけだ」と言い放ちました。

まだマイナンバーの還付金については議論中ですが、
漏洩させては決していけない大切なデータなので、
基本、自宅で大切に無くさないように保存するほうが良いと思います。

スポンサードリンク

マイナンバー 悪用される危険性はないの?

マイナンバー制度の詳しいことは良くわからないけど、
年金情報とか銀行の残高だとかの個人情報が漏れちゃうんじゃないの?
って心配って人、多いのでは?

いろいろな手続がマイナンバー1つで簡単に済んで、円滑に進むのはいいのですが、
色々な個人情報が詰まっている大事なカードなので、もし紛失したり、
情報が漏洩してしまったりしたら、悪用されて大きなダメージを受ける可能性だってあります。

今のところ、銀行口座との紐付けは検討中なので、銀行残高がバレる
という可能性はない
ですが、税金の納付漏れや脱税を防ぐという意味では
導入も前向きに検討されているようです。

マイナンバー通知カードは基本持ち歩かない方が良いですが、
もしマイナンバー通知カードを落としたり、紛失したりした場合でも
12桁の番号だけでは色々な手続きなどはできないようになっています。

なりすましなどの被害も懸念されているようですが、基本自宅保存にする、
顔写真入のICカード『個人番号カード 』にすることで
ある程度は防げるのではないでしょうか?

それでもオレオレ詐欺のように、巧みにマイナンバーを聞き出そうとする
詐欺が蔓延する可能性もあります。

くれぐれもTwitterやFacebookなどのSNSに「マイナンバー届いた〜!」とか
はしゃいで写真などをアップしないこと!

また、顔写真入りの『個人番号カード 』は身分証明としても使えますが、
裏面にはマイナンバーが記載されているので、絶対にその番号を見られないように
くれぐれも注意して下さいね。

まとめ

まだまだだと思っていたマイナンバー制度がいよいよ来年から始まります。

詐欺師が待っているだけだとか揶揄する人もいますが、しっかりとした知識を持ち
騙されることがないようにしたいものですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加