お中元を義実家に贈る!お中元の相場は?人気のものは何?

6-16 お中元を義実家に贈る!お中元の相場は?人気のものは何?

上半期のありがとうを伝えるお中元。

今年もお中元を贈る季節が近づいてきましたね。

今年は義実家に何を贈ろう?と毎年悩んでいる人も多いのでは?

今日は義実家に贈るお中元について書いてみようと思います。

スポンサードリンク
     

お中元を義実家に贈る?

結婚したらみんな義実家にお中元とかお歳暮とか
贈っているのでしょうか?

調べてみたところ、贈っているって人が多いようです。

自分の実家などは、その季節になると、『気を使わなくていいから』
と言ってくれるって人は多いようですが、
義実家ともなるとそうもいきませんよね?

また選ぶものによってもセンスを評価されてしまうので、
選ぶものも結構気にしてしまいます。

ちゃんとしたお中元の時期にちゃんとしたマナーで
センスの良い物を贈りたい、お嫁さんなら誰でもそう思います。

お中元を贈る時期は、関東の場合、大体7月の始め位から15日くらいまで。

関西では8月の始め位から15日くらいまでに贈るのがマナーです。

同じ日本なのに、関西と関東では贈る時期が違いますが、
最近では、どちらも7月に贈る人が増えているようです。

遅くなるよりは早めに贈ったほうが、失礼にもならず安心できそうです。

またマナーとして、付けるのしがお中元を贈る時期によって違う、
というのも是非知っておくべき。

普通の時期は『御中元』でいいですが、
立秋までは『暑中お見舞い』や『暑中お伺い』、
9月までは『残暑お見舞い』や『残暑お伺い』となります。
(西日本の場合は、15日を過ぎても『御中元』でもいいそうです^^)

ちゃんとした時期にきちんとお中元を贈るようにしましょう。

義実家へのお中元の相場は?

義実家へのお中元の相場はだいたいいくらぐらいが良いのでしょうか?

各家々によって違いはありますが、3,000円から5,000円という
家庭が多い
です。

うちも毎年5,000円位を目処に決めています^^

毎年贈るものなので無理をしない金額が良いでしょう。

最近ではネットショップなどでは、3,000円程度でも
安っぽくない良いお中元ギフトも多くなってきました。

以前は近くの百貨店などでしか購入する場所はありませんでしたが、
今では色々なショップ、大型百貨店などがネットでお中元を取り扱っているので、
そういうネットショップを使ってみてもいいかもしれません。

楽天市場などでは、人気のスイーツや果物などをお中元で贈る
特別コーナーも準備してありますし、
人気ランキングなども載せてあるので、参考になりますよ。

スポンサードリンク

お中元ギフト 人気のものは何?

うちは義実家と離れているので、贈るときには私の実家の県の
名産物や人気のものを贈ると喜ばれますね。
(鹿児島なので、焼き豚やさつま揚げなど)

その土地々々の特産品は貴重なので人気です。

最近ネット上での人気ランキングで上位に入っているのは、
やはり食べ物の関連の物が多く、焼肉やすき焼き用の高級お肉や
果物、和菓子や洋菓子
など。

ハムやコーヒー・ジュースなども根強い人気があります。

スイーツなどはネットでないと手に入らないものや、
ものすごく人気で、テレビなどでも取り上げられ
全国的に有名になったものなどを贈ると喜ばれます。

この壷プリンなどは楽天ランキング334週1位の人気商品なので、
知名度も高く、話題性もありおすすめです。

50代以上の人からも美味しいと口コミが500件以上と
大変人気がありますよ^^

相手の好みなどがわからない場合は、無難な定番商品がいいでしょう。

無難な定番商品とは、ハムやコーヒー、素麺や洗剤などの日用品など。

カタログギフトだと相手が自分の好きなものを選べるので、
贈る方も受け取る方も、どちらにも便利で良いと近年人気ですが、
カタログだと気分を害される年配の方もいらっしゃるようです。

まとめ

お中元選びは本当に気を使いますよね?

特に相手が義実家だと特に気を使います。

ですが、毎年これを贈るということが決まれば
当てにされ喜ばれるので、お中元選び、頑張ってみてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加