鹿児島県民共済に高血圧なのに入れた!60歳以降の保証はどうなる?

62歳なのにたいした保険に加入していなかったことが判明した母。

やっぱり入院保障とか死亡保険とか、
いざという時のために保険に入っておきたいというので
いろいろ調べてみましたが、高血圧症である母が入れる保険は
数が限られる上、ものすごく高い。

高血圧症の人は保険に入れないの?

入れるコツは?

実際に、高血圧症なのに県民共済に入れた母のケースを
書いてみたいと思います。

スポンサードリンク
     

鹿児島県民共済に相談に行ってみた!

母は高血圧になって約10年程。

薬を飲んでいるので、下が80mmHg台、
上が135mmHg台をキープしている感じで、
高血圧が原因で入院したことなどはありません。

薬でいい感じにコントロールできていますが、
保険に入るには『健康告知』が必要なタイプのものが多く、
最初から『高血圧などの持病を持っている方は入れません』と書いてあったり、
高血圧ってだけで断られる保険が多いです。

『無選択型保険』という健康状態の告知の必要がない
保険も最近は増えてきましたが、
やはり病気の人が入ると保険会社のリスクも高まるため、
年齢や加入限度額などに様々な制約があったりする場合も多く、
また保険料も高かったりするので、
うちの場合は普通の保険に入れないか?
保険会社とちゃんと相談しようということで、
私が入っていて給付金の支払いもスムーズで、
なんのトラブルもなかった鹿児島県民共済に相談に行ってみることにしました。

尚、南日本新聞などに時折入ってくるチラシの
申込用紙に記入して、郵送しても構いません。

母の場合は高血圧だったので、直接相談に行きました。

鹿児島県民共済概要

住所:〒890-0064 鹿児島市鴨池新町21-3

営業時間: 平日 9:00-17:00 / 定休日 土・日・祝日

駐車場:来客者用駐車場あり

  • Tel:099-214-5666
Fax:099-214-5668

※鹿児島県民共済の場所は以前は鴨池の鹿児島銀行の隣のビルの2階にありましたが、
場所が県庁周辺に変わっています。

自分が入会した時は鴨池の鹿児島銀行の隣のビルの2階で
とても狭く、オペレーターさんの数も少なかったのですが、
今はとても新しくきれいな施設になっており、
オペレーターさんもたくさんいらっしゃいました。

ひっきりなしに電話が鳴っていたので、
相談をする人が多いのだと感じました。

窓口に行くとすぐに係りの方が来て下さり、
親切に相談に乗って下さいました。

母の場合は電話で一度相談していたこともあってか、
スムーズに進みましたが、相談から加入まで約20分ほどかかりました。

一応の制限はありましたが、高血圧でも簡単に
保険に加入することが出来ました^^

県民共済 高血圧でも加入できるの?

高血圧でも条件を満たしており、ちゃんと申告すれば
鹿児島県民共済では加入できる可能性は十分あるんだそうです。
(でも絶対ではないので相談してみて下さいね)

ただ、高血圧と診断されて日が浅かったり、
薬でうまくコントロールが出来なかったり、
高血圧の合併症などがあると、保険加入は難しくなります。

また母は、今回保険に加入するにあたり、
日々飲んでいる薬や、家での平均血圧値などを書いていきました。

母の場合は聞かれたのでそのまま正直に答えましたが、
郵送した場合などは後から電話が来ると
オペレーターの方が言っていたので、その時に病気のことを
詳しく聞かれるのだと思います。

ごまかしたり嘘をついたりすると、告知義務違反となり
給付金を請求する時などに調査されることがあるので
やめましょう。
(バレる可能性は低いと言われていますが・・・)

尚、母は週に2度ほど入眠剤を飲むことがありますが、
そのことについても聞かれましたが、問題ありませんでした。

母が入眠剤を飲むのにあたり、病気と診断されなかったことが
大きかったようです。

睡眠導入剤を飲んでいる場合も保険加入に影響があるようですが、
きちんと相談してみれば加入できる可能性があるかもしれません。

★母が飲んでいる薬

  • アムロジピン 5mg
  • (アムロジンのジェネリック薬)

  • ゾルピデム
  • (マイスリーのジェネリック薬)

結果的に高血圧の母が入れたると言われた保険は、
掛け金・月2,000円の『総合保証2型』と『入院保障2型』でした。

スポンサードリンク

両方を足した掛け金・月4,000円の『総合保障2型+入院保障2型』に
加入するつもりでいましたが、高血圧の人の場合、
その一方にしか加入できないそうです。
残念。

また、プラスすることで保証がアップする『医療特約』などの
特約系のものにも加入はできません。

母は悩んだ末、総合的にサポートしてもらえる
掛け金・月2,000円の『総合保証2型』に加入しました。

掛け金・月2,000円の『総合保証2型』の詳細:http://www.kagoshima-kyosai.or.jp/product/life/total/

その際、

※持病の高血圧に関する病気になった際には5年間は保証されない

ということを言われ、同意書を書かされました。

この同意書に同意しなければ保険加入はできないようなので、
母はその場で記入しました。

私はその後色々な審査があって、加入できるかできないかは
自宅で待つしかないのかと思っていましたが、
その同意書に記入したことで審査終了となるらしく、
あっけない程その場でスムーズに保険に加入することができました。

『加入証書』や『ご加入のしおり』などの詳しい資料は
後日郵送されます。

正直、新聞に入ってくる県民共済のチラシには、
高血圧などの持病がある方は加入できませんと明記してあるので、
普通の人はそれを見ただけで保険加入を諦めてしまうでしょう。

ですが、他の保険は高かったり、実際には様々な理由で
保険金の支給を拒んだりというケースも聞きます。

私も県民共済に加入していて、過去2度入院・手術をしましたが、
この保険に入っていたことでかなり助かりました。

書類を郵送しただけで素早く入金されましたし、
トラブルは一切なかったので、とても良かったと思っています。

母の保険は月額2,000円なので、そこまで手厚い保障では
ないかもしれませんが、病気で亡くなった際の死亡補償金が
出ることも大きかったです。

まあこれから年齢を経る毎に保障額は減っていきますが、
それはどこの大手の保険会社でも同じことなので、
少ない掛け金で保証してもらえるというのは安心感に繋がります。

母は全労済で交通事故関連の保証はあるので、
今回病気の保証がついたのが良かったと思います。

まだまだ60代は若いので、これからどんどん楽しい余生が待っています。

高血圧でももしものときのちょっとした支えになる
県民共済の保険お勧めです^^

県民共済 60歳以降

母は掛け金・月額2,000円の『総合保証2型』に入りましたが、
あと数年で65歳になってしまいます。

県民共済では65歳になると保証が自動的に切り替わります。

最初、65歳以上になったら保険はどうなるんだろう?
そのままおわっちゃうの?と不安に思いましたが、
『総合保証2型』の場合、65才以降は『熟年型』に自動継続となり、
85歳まで保障されます。

その際には保証内容が変わるので注意が必要です。

保障額はその年代によって変わりますが、
大手の保険会社などもそうなので、県民共済の保証が悪い!
というわけではありません。

尚、保険について何も知らないから保険についてもっと知りたい、
今の保険はどうなの?
もっと私にあったいい保険はないの?
など、保険についての相談がしたい場合は、
イオンなどのショッピングセンターにある保険屋さんが
相談に乗ってくれます。

ネットではファイナンシャル・プランナー(FP)さんが自宅や会社などの
指定されたところに来てくれ、無料で相談に乗ってくれるサービスもあり、
とても評判が良いようです。

大手の『保険マンモス』はその中でも無理な売り込みはせず、
相談に乗ってくれると好評なので、こういうサービスを
使ってみてもいいかもしれません。

鹿児島でも来てくれるファイナンシャル・プランナー(FP)が
いらっしゃるそうですから^^

まとめ

もっと健康な時に保険に加入していればよかったと
悔やまれなくもないのですが、高血圧なのに
とりあえずは保険に加入できてホッとしています。

高血圧だと保険に入れないかも?
でも無保険だと心配って人には、掛け金も少ないですし、
支払いのトラブルなどもないのでおすすめの保険だと思います。

高血圧のあなたも良い保険に入れるといいですね^^

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加