ダバング 大胆不敵 dvdを借りてみた!ダバングのあらすじとレビュー

第二次インド映画ブームが来ている感のある日本。

最近ではインドの良作がたくさん日本公開され、
販売・レンタル化されています。

今日は今月5月2日にレンタルになった『ダバング 大胆不敵』
実際に借りて見てみたレビューです。

スポンサードリンク
     

ダバング 大胆不敵 dvdを借りてみた!

ダバング 大胆不敵 概要

原題:DABANGG

監督:アビナーヴ・スィン・カシュヤップ

出演:サルマーン・カーン/ソーナークシー・シンハー/アルバーズ・カーン/
   ソーヌー・スード/ヴィノード・カンナー/ディンプル・カパーディヤー/
   アヌパム・ケール/マライカー・アローラー・カーン(特別出演)

公開年:2010年

国:インド

上映時間:126分

『ダバング 大胆不敵』オフィシャルサイト:http://www.u-picc.com/Dabangg/

インドの大スター3カーンの一人、サルマーン・カーン。

日本では、『ミモラ -心のままに』や
(原題: Hum Dil De Chuke Sanam(1998)、
『タイガー~伝説のスパイ~』(原題: Ek Tha Tiger (2012)
などが公開されました。

筋肉ムキムキで、腕っぷしが強いあんちゃんキャラが多い
サルマーンにうってつけ、キャラが濃い
悪徳警察官だが正義の味方・チュルブル・パンデーが
暴れまわるこの映画。

警官が悪党から大金をせしめ、弱者を守る正義の味方?
なんだかわけが分かりませんが、サルマーンの大ヒット作となり、
インドでは1と同様、DABANGG2も公開され大ヒットとなり、
今年2015年にはDABANGG3が公開されると言われています。

サルマーン・カーンは主にインドの労働者階級の人たちから
絶大な支持を受けており、最近の映画は軒並み大ヒット。

2002年に飲酒運転で交通死亡事故を起こし、
ホームレスの男性を死亡させましたが、
つい最近懲役5年を言い渡されたもののすぐに保釈されています。

と話題に事欠かないイケメン問題児サルマーン・カーンの
大ヒット作『ダバング 大胆不敵』ですが、
この映画、私の街では公開されませんでしたので、
TSUTAYAでレンタルしてみました。

正直、最近日本で流行りのインド映画は
とてもお上品すぎて、あまり好きではない私には、
こんないかにもインド映画らしい作品が大好き。

なので否応にも期待は高まります。

ダバング あらすじ

引用:Youtube uzumasafilm

悪党から大金をせしめる警官だが、
その真の姿はロビンフッド・パンデーの異名を持った
弱者を守る正義の男というチュルブル(サルマーン・カーン)。

ある日、ラッジョー(ソーナークシー・シンハー)という美女に
心を奪われて結婚してほしいと猛アタックを開始するが、
彼女はアルコール中毒の父親を放って
誰かと一緒にはなれないと固く心に誓っていた。

そんな中、権力を得ようとするもチュルブルに阻まれ続けてきた
青年政治家チェーディー・スィン(ソーヌー・スード)が、
彼を倒そうと動きだす。

引用:シネマトゥデイ

スポンサードリンク

男気あふれるアクション映画『ダバング 大胆不敵』。

ヒロインが出てきますが、ストーリーに必要あった?
って印象が・・・。

とにかくサルマーン・カーンの為の映画であることは
間違いないですね。

だってマッキー役はサルマーンの実の弟だし、
ダンスを披露したマラーイカー・アローラー・カーンは
サルマーンの弟の嫁ですもんね。

ダバング レビュー

男臭いアクション映画『ダバング 大胆不敵』。

サルマーン・カーンの筋肉ムキムキのアクションシーンは、
かなり激しくて、これでもかこれでもかときます^^

ヒロインのソーナークシー・シンハーは、
今売れっこの女優さんですが、この映画がデビュー作。

ソーナークシー・シンハーはもともとかな~りの
おデブちゃんだったところをサルマーン・カーンが指導して
こんな痩せて美しくさせたことで有名。

今回のダバングでは、とても美しく清楚な役でしたが、
ソーナークシーはドSなヒロインの方が合う気がします^^

2014年10月開催の
『インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン2014 』で
上映された『“ロミオ”・ラージクマール』の気の強い
姉ちゃんの方がソーナークシー・シンハーっぽい?

今回の悪役であるチェーディー・スィン(ソーヌー・スード)は、
これまた筋肉ムキムキでかっこいい。

上の『“ロミオ”・ラージクマール』でも悪役だったけど^^

サルマーン・カーン主演で大ヒットしたということで
ものすごく期待していたのですが、
日本ではヒットしなかったらしく・・・・。

とても残念ですが、こういう内容があまり練られていない感の
映画は、日本人には一般的に好かれないかもしれないなとは
思いました。

こういう映画こそがインド映画らしくて、私は好きなんですが、
一度見れば十分かな?という印象でした。

まあダバング2が公開されれば間違いなく見ますけど^^

第二次インド映画ブームでインド映画が好きになったって人は
あまり好きじゃない映画化もしれません。

でもバカ馬鹿しさが好き!って人には、
2015年6月2日販売・レンタル開始この作品がおすすめかも?

インド・オブ・ザ・デッド

引用:OdessaEntertainment

まとめ

色々な映画があるインド映画。

年間制作本数はハリウッドを超えているそうです。

いい映画も多いけど馬鹿げた映画も多い。

これからも色々なインド映画を見続けたいと思います^^

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加