犬の膝蓋骨脱臼の治療は?手術しか方法はないの?サプリの効果は?

愛犬のチワワがある日片足をぴょこぴょこし始めたから、
病院で診察してもらったら小型犬に多いと言われる
膝蓋骨脱臼と診断されてしまった。

今は様子見と言われたけど、治療法は手術しかないみたい。

これ以上悪くならずに手術をしないで済む方法は何かないのかな?

愛犬のために正しい判断ができるようにしっかりと知識を身につけましょう。

スポンサードリンク

犬の膝蓋骨脱臼の治療法

日本では小型犬の人気が根強いですが、小型犬で『膝蓋骨脱臼』と
診断される犬が多いようです。

膝蓋骨脱臼とは、犬の後足の膝関節にある膝蓋骨(お皿) がはずれてしまう病気。

先天的な理由だけではなく、繋いでいる靭帯の付き方・筋肉の異常、
交通事故や外傷など後天的に生じる事もあります。

膝蓋骨脱臼にはグレードというものがありますが、それは言い換えると
膝蓋骨脱臼の段階のこと。

もちろんグレードが上がるほど、治療は難しくなり、完治しにくくなります。

  • グレード1
  • 指で押すとはずれる。はずれても自然に戻る。痛みは殆どない。

  • グレード2
  • 日常の生活で時々はずれる。指で押すと戻る。時々跛行する。

    ※跛行とは・・・外傷、奇形、その他の疾患により正常な歩行ができない状態。

  • グレード3
  • 常にはずれた状態、はめても直ぐはずれる。完全に跛行する

  • グレード4
  • 常にはずれた状態。指でははまらない。骨の変形もかなりある。患肢にほとんど負重できない

お医者さんによってはすぐに手術を勧めず、これ以上悪くならないように様子を見ながら・・・
という場合もあります。

でも年を重ねたり、体重が増えたりすることで状況が悪化しやすいので
治療法としては、やはり手術を進められる場合が多いようです。

犬の膝蓋骨脱臼は手術しかないの?

膝蓋骨脱臼を完治させるためにはやはり手術が最も良いと言われています。

獣医師によってはすぐに手術を勧める場合もありますが、やはり専門医ではない場合、
やんわりと断られたり、別の獣医師を勧められたりすることも。

うちの愛犬チワワの場合も、すぐに大学病院の整形外科を勧められました。

整形外科の専門の先生がその病院にいないらしく、手術に責任が持てないから
という理由でしたが、膝蓋骨脱臼にかかりやすいのは小型犬が多い
と言われているので、手術する膝蓋骨はとても小さく難しいようです。

わずか数ミリずれただけで再手術ということもあるみたいなので、
手術に踏み切れない飼い主さんも多いみたい。

急に膝蓋骨脱臼と診断されて飼い主も戸惑っているのに、手術を勧められても
判断に迷いますよね?

そういう理由もあってネットで解決法や、膝蓋骨脱臼の専門医を探したりする
飼い主さんも多いようです。

スポンサードリンク

 でも、根本的な治療法としては残念ながらやはり手術しかないようです。

入院期間は1週間程度で、あとは定期的に通院するというケースが多いようなので、
やはり愛犬や飼い主さんの負担も考えると、なるべく近場で膝蓋骨脱臼の手術を
多く手がけている専門医のいる病院を選んだほうがいいでしょう。

獣医師のネットワークの力で、ご近所の膝蓋骨脱臼や整形外科の専門医を
紹介してもらってもいいですね。

犬の膝蓋骨脱臼にサプリは効果がある?

そうはいってもやっぱり愛犬に手術させるのは心配だ。

まだそんなにグレードが進んでいるようではないから、何か膝蓋骨脱臼に良いような
ことってできないかな?

正直に言って膝蓋骨脱臼は手術以外で根治させることは難しい病気ですが、
これ以上悪くならないように気をつけるべき点はあります。

  • 足に負担になるような行動をとらせない
  • ソファーにジャンプしたり、走り回ったり急転換したりさせないようにしましょう。

    足に負担がかかると膝蓋骨脱臼が悪化してしまいます。

    下には滑らないようにカーペットを敷いたり、小型犬用の階段を購入し、
    ソファーなどの高いところを乗り降りさせないようにしましょう。

    • 体重をコントロールする
    • 太ってしまうとそれだけで負担が大きくなてしまいます。

      なるべくベスト体重をキープさせましょう。

    • 筋肉量を増やす
    • 膝蓋骨脱臼だからと甘やかして寝てばかりいるのはいけません。

      痛みが無いようならお散歩をさせ、筋肉量を増やしましょう。

      足に筋力がつくことでお皿から外れることが少なくなると言われています。

    • サプリメントを飲ませる。
    • サプリで膝蓋骨脱臼を完治させることはできませんが、良い状態を保つことは
      十分できます。

      うちのチワワは診断後すぐにサプリメントを飲み始めましたが、
      足がポキポキ音を立てることがなくなり、3ヶ月毎に通院し様子を見ていますが、
      病気は進行していません。

      人間と同じく、コンドロイチンやグルコサミンが入った犬用のサプリが
      売っているので、そいいうサプリを飲ませるのもいいでしょう。

      今まで書いた方法はあくまでもこれ以上悪化させないための方法であって、
      これで膝蓋骨脱臼が完治するということではありません。

      やはり完治させるには手術が最善の方法みたいなので、安心してお任せできる
      獣医師さんを探し、納得した上で手術に望んでくださいね。

    まとめ

    残念なことに、完治の方法は手術しかないと言いながら、
    手術で100%完治するとは言い切れない難しい病気。膝蓋骨脱臼。

    大切な家族である大事な愛犬に、1日でも健康で長生きしてほしいと願う
    そんな飼い主さんの心配が早くなくなりますように・・・。

    スポンサードリンク
    • このエントリーをはてなブックマークに追加