手の多汗症の改善方法!原因は何?高校生の多汗症に手術は必要?

手汗に悩んでいる高校生の男子はものすごく多いです。

学校でテストの時に手汗で紙が破れてしまったり、彼女と手をつなぐ時に
手汗がすごくて恥ずかしい思いをしたりして、すごく困っているって人も多いのでは?

手の多汗症を少しでも改善する方法は?

今日は手の多汗症の改善方法を書いてみます。

スポンサードリンク
     

手の多汗症 改善方法

多汗症とは、手や足、腋の下、顔などに汗が異常程に増加する症状で、
日常生活に支障を来たすこともあるほど深刻です。

多汗症に暑さ寒さは関係なく、尋常でないほど大量の汗をかいてしまう為、
特に思春期には大きなコンプレックスになりがち。

気にするとますます症状が悪化してしまうと感じる人も多く、
ほとほと困り果てている人も多いのでは?

多汗症は原因を特定するのがとても難しいので、病院に言って簡単に治る・・・
ということはありませんが、最近では適切な対処を行うことで日常生活で支障のない
レベルにまで改善することができるようになってきました。

多汗症は自律神経失調症の軽度の症状で、心の問題が大きいとも言われています。

その為、気にしないということが解決法になると言われたりしますが、
手のひらから汗が尋常ではなく滴り焦るのを気にしないなんてことはまず絶対に無理ですよね?

多汗症の改善は主に対症療法で、直接的な治療としては手術しかありません。

また対処両方の場合、効果が見えてくるのに時間がかかり、方法によっては効果が
認められないものもあるので、本人に合う方法を探す必要があります。

  • 病院に行く
  • →多汗症には皮膚科がいいと言われますが、先生によっては詳しくない場合もあるため、
    多汗症の診断ができるか確かめてから行くといいです。

    形成外科や美容外科でも良いですが、保険適用外の施術になる可能性もあるので、
    まず最初は皮膚科が望ましいです。

  • 心療内科などカウンセリングを受ける
  • →多汗症は一般的に自律神経や交感神経の具合いで、緊張したときなどに出るものなので、
    カウンセリングを受け、心理面からのアプローチが有効だとも言われています。

    自律訓練法や呼吸法など、自分でできる緊張を鎮める方法などを教えてもらえるので、
    副作用もなく効果的です。

  • 多汗症に効くツボを押す
  • →合谷(ごうこく)や労宮(ろうきゅう)など、汗を抑えるツボがありますが、
    即効性はなく、また汗が確実に止まるというツボではありません。

    効果が強いツボとして、半側発汗といって、右側を圧迫すれば右側半分だけ汗が止まり、
    左側を圧迫すれば左側の汗が止まるというもの。

    舞妓さんがあんなに厚くお化粧をしているのに着崩れないのか?というと、
    この半側発汗を使っているからと言われています。

  • 塩化アルミニウム水溶液を塗る
  • →汗止めの威力は強力で、わきがの人の臭いを抑える効果もあります。

    この方法がいちばん手っ取り早いかもしれません。

    塩化アルミニウムの20~50%水溶液を塗るだけと手軽ですし、
    オドジェルミンなど有名な商品もあるのでオススメ。

  • みょうばん水を塗る
  • →塩化アルミニウム水溶液と同じように効果があると言われています。

    汗の臭いとなる雑菌を分解し、汗を抑える効果があります。

    ★みょうばん水の作り方★
    ・焼きミョウバン 約16グラム (生ミョウバンならば50g)
    ・水道水 500ミリリットル
    ・空き容器 (ペットボトル等)

    引用:主婦わきぶーのワキガ手術体験談@

  • ハッカ油スプレーを使う
  • →北海道の名物?ハッカ油。

    これは温度を下げる効果はないのですが、塗るとものすごくスースーします。

    あまりつけすぎると歯がガチガチなるほど寒く感じるそうなので、
    たくさん付けすぎないように。精々3滴とか位で十分です。

  • イオントフォレーシス
  • →イオントフォレーシスとは、多汗症の部位を水道水に浸し、それに弱い電流を通じて
    行なう治療法で、日本ではこの治療を行っている病院はあまり多くありません。

    スポンサードリンク

    ですがドライオニックなど、家庭用イオントフォレーシス機器が発売されています
    34,000円位です)

    イオントフォレーシスは80~90%の患者さんに有効と言われていますが、
    継続的な治療が必要で、途中でやめると効果がありません。

    2週間連日治療を行うとほぼ汗がでなくなるので、自宅で継続的に続けられれば
    良い改善法になると言えるでしょう。

  • ボトックス注射
  • →ボツリヌス毒素を気になる箇所に注射する方法。

    10分の治療で効果は3~6ヵ月続くと言われています。

    まずは専門医のカウンセリングから始めます。

  • 神経ブロック注射
  • →頚部にある交感神経を局所麻酔薬ブロックする方法ですが、最低10回以上行わないと
    効果が認められないと言われています。

  • 漢方薬を飲む
  • →原因や症状によって処方される漢方が違うため、相談してから処方してもらうと
    良いでしょう。

    漢方薬なので効果が出るのには時間がかかり、即効性はありません。

  • 抗コリン薬や抗不安薬などの薬を飲む
  • →病院で処方される薬といえば、主に抗コリン薬や抗不安薬などです。

    これも原因や症状によって違うため、医師に診てもらってから処方してもらいましょう。

  • 民間療法
  • →民間療法とは充分な医学的な裏付けはないものの、長年の経験で効果があると
    言われている方法になります。

    その為胡散臭い感じがしますが、軽い気持ちで試してみる価値はあると言えるでしょう。

    今、ネットで有名なのは『電子商材』と呼ばれているもので、価値のあるとされている
    対処法や改善法などが載っている、希少性の高い電子ブックです。

    実際に購入したという人のレビューなどを見てみると、詐欺的ものではなく、
    効果は見込めるといったものが多いですが、中身を見て購入することができないため
    不安を覚える人も多いと思います。

    余程のことがない限り購入しないほうが良いでしょう。

手の多汗症 原因は何?

手の多汗症の原因は実際の所、はっきりとは解明されていません。

もっとしっかり解明されれば即効性のある治療法が確立できるかもしれないのですが、
今はまだそこまではいっていません。

自律神経のひとつで、新陳代謝を活性化する神経である『交感神経』が活性化されて、
多量の汗が分泌されるものと言われていますが、精神的刺激や緊張がなくても
たくさんの汗が出る場合も多く、特に手の多汗症の場合はそれが顕著です。

多汗症の原因と言われているもの

  • 精神的なもの
  • 食生活
  • 肥満によるもの
  • 遺伝によるもの
  • ホルモンバランス

親も手汗がひどいなど遺伝的な要素もあると言われているようですが、わきが程
遺伝的な要素は少ないということも言われており、体質的なものではないのではないか?
と言われています。

また、多汗症は思春期に多いと言われていますが、それは思春期が、人の目を気にしたり、
好きな人がいたり、いじめられたりするんじゃないかと不安に思ったりなど、
とても多感な時期であることも大きな要因の一つと言えるのではないでしょうか?

大人から見れば大したことないことのように思いがちですが、肉体的にも精神的にも
大きなストレスが掛かる多汗症。

そのまま放っておくと、発汗恐怖症や対人恐怖症などに陥ってしまう可能性もあるので、
家族の人に相談して、早めに対処してもらうようにしましょう。

高校生の多汗症 手術しないと治らないの?

多汗症は対処療法が主で、即効性のある直接的な治療法は手術くらいしかありません。

汗が出るのがひどく、対処療法が効果が無いとかもっと早くこの悩みから開放されたいから
とかの理由で手術をすればいいんじゃないかと思いがちです。

手術の方法としては、胸部交感神経を切断する手術になりますが、
この手術を行うことで手汗などはピタリと止まります。

また神経を切ってしまうためその効果は永遠に続きますが、一度切った神経は
もうもとに戻すことはできません。

それだけなら思い切って手術をした方がいいのではないか?と思いがちですが、
実はほとんどすべての人に起こる副作用として、『代償性発汗』という症状が現れ、
それによって新たな心配をすることになる可能性もあります。

代償性発汗とは?

胸部交感神経を切断する手術を行ったことで起こる副作用。

背中・太もも・膝の裏など、手術をした以外の場所に大量の汗をかくようになる為、
また新たに悩む場合もあります。

神経を切断した所の発汗は抑えられるものの、その他の場所からの発汗は抑えられません。

代償性発汗の場合は、周りの気温の変化で汗が出るので、クーラーを入れるなど
温度調節が上手にできれば症状は抑えられますが、治療法もまた対処療法くらいしか
ないので、場所が変わっただけという感じかもしれません。

まとめ

思春期にはとてもつらい手の多汗症。

いくつかの改善法があるようなので、自分に合った改善法を探しましょう。

早く悩みが解決して、イキイキとした毎日が送れるといいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加