足立の花火 2015はいつ?場所取り・空いている場所は?アクセス方法

夏になると楽しみなのが花火大会ですよね?

東京での花火大会のトップをきって7月に開催される足立の花火

荒川の土手に座ってゆったりのんびり花火を観賞してみませんか?

今日は夏を先取り!足立の花火について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク
     

足立の花火 2015年はいつあるの?

第37回足立の花火詳細

日時:
平成27年7月18日(土) 午後7時30分~午後8時30分

※荒天時は、19日(日)に順延、両日荒天の場合は中止。

会場:
荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)
打上場所は千住側(堤南)

打上げ玉数:約12,000発

花火の種類:
打上花火・スタ-マイン・小型煙火・仕掛花火(足立名物のナイアガラ)など

起源は、明治時代に千住大橋の落成を祝い花火を打ち上げたのが最初と言われるほど
歴史の長い花火大会・足立の花火。

1924年「千住の花火大会」として第1回目が開催されて人気の花火大会になるものの、
1959年の河川改修により、花火大会は終了することに。

1979年に足立区民の花火大会復活の声に押され、「足立の花火大会」と名称を改め復活。

それ以降は毎年開催されており、夏の風物詩として近隣の住民だけではなく、
沢山の人に親しまれている人気の花火大会です。

会場が荒川の河川敷のため、土手の斜面に座って鑑賞できる珍しい花火大会で、
例年の人出は約61万人にものぼる、東京都内で人気NO1を誇る花火大会となっています。

約1万2千発の花火を1時間ほどで打ち上げるため、非常にコンパクトというか?
花火の魅力がぎゅぎゅ~っと凝縮された感じがする足立の花火大会。

東京スカイツリーを正面に見据えつつ、美しい花火を見ることができるロケーションは
東京ならではの大スケールです^^

東日本大震災以降、少し少なくはなったものの、出店も出ているので家族連れさんにも
オススメです。

足立の花火 場所取り~比較的空いてる場所は?

足立の花火大会は、首都圏東京で行われる人気の花火大会なので、ものすごく
混雑するのでは?と思いますよね?

でも同じく人気の花火大会である、隅田川花火大会や東京湾大華火祭に比べて
比較的混んだりせず、ゆったりと座って見られるのが足立の花火大会のいいところ。

ファミリーもカップルもグループもたくさんいるので、いろいろな人と一緒になって
楽しめる所がいいですよね。

打上場所は千住側(堤南)なので、そちら側は大半が立入禁止場所になっています。

スポンサードリンク

ただでさえ立入禁止の場所が多いのに、花火を近くで見ようとする人がたくさんやって来て
かなり混雑するので、千住側での鑑賞はオススメしません。

また、かなり近いので真上に見上げないとならず首が疲れたり、花火カスなどが
降ってきたりするので注意です。

一方の西新井側は比較的ゆっくりと見られるので、こちらの方がオススメ。

このポジションからだと東京スカイツリーがど真ん中に見えるので、花火とスカイツリーのコラボに
思わず感動しちゃうかもしれません。

新橋を越えた方が迫力ある花火を見られるよ!という声も。

また、道路はものすごく混んでいるので、もう見る場所ってないかも?と思いがちですが、
それをズンズン土手側に進んでいくと、道路から見えなかった所が結構空いている事が
多いので、諦めずに土手側を探してみましょう。

土手に座って見られるとかなりのんびりゆったりと花火を鑑賞できます。

千住側から見る場合は午前中に行かないといい場所は取れないかも?

一方、西新井側から見る場合は午後2~3時位に着いても、比較的いい席が確保できそうですよ。

※足立の花火大会・有料席

有料席があるという情報と、ないという情報が錯綜していますが、
協賛金5,000円を支払うことで協会観覧場所での鑑賞ができるようです。

1口5,000円で入場券2枚がもらえるようです。

詳しいことは
コールあだち

  • 03-3880-0039

足立の花火 アクセス

足立の花火の開催場所は、東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間です。

荒川南岸か荒川北岸かで多少は違いますが、どちらも駅から20分前後歩きます。

でも暑いからめんどいからって車を使うと、交通規制に巻き込まれてしまう可能性が
高いので、車で行くのは避けましょう。

また駐車場も用意してありません。

★交通規制★
当日18:00~22:00 荒川河川敷周辺にて交通規制

最寄り駅は、北千住駅・小菅駅・五反野駅などですが、帰りはみんなが一斉に集まるので、
少し遠い駅を使うか?少し時期をずらして帰るとGood。

まとめ

1万2千発の様々な花火を見せてくれる足立の花火は、質・量共に素晴らしく
とても見応えのある花火大会です。

スカイツリーと共に見ることができたり、河川敷で座って見られたり、近くの居酒屋で
お酒を飲みながらゆったり花火が見られたりと、楽しみ方は人それぞれ。

花火はやっぱりその場の臨場感とともに楽しむのがBEST。

足立の花火をその目で是非楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加