apple watch 日本発売日はいつ?何ができるの?バッテリー持ちは?

前から出る出ると噂されていたapple watchが、いよいよ発売になりますね?

私はAppleファンなのでかなり気になりますが、実際にapple watchで
どんなことができるのか?とか全く知りませんでした。

今日は人気急上昇&注目度NO1のapple watchについて書いてみます。

スポンサードリンク
     

apple watch 日本発売日

apple watchはiPhoneやMac Book Airなどで有名なアメリカのAPPLE社が
満を持して発売するウェアラブルウォッチです。

以前から出る出ると噂されていながらなかなかその発売は発表されず、
本当に発売するの?するならいつなの?と、世のAppleファンをやきもきさせていた
このapple watch。

ついに日本でも、2015年4月24日の発売がApple Watchの公式から発表されました!

しかし、発売日が差し迫った最近になって、Apple Watchの公式から
『4月24日発売』の表記が消えてしまいました。

おまけにイギリスのThe Telegraphによると、『Apple Watchの店頭販売は6月までない』
そうで、販売は全てオンラインで行うのだとか。

Appleと言えば、世を驚かせるハイセンスな商品を発売しては、それにたくさんの
ファン達が長~い行列を作ることでも有名でしたよね?

ニュースでも取り上げられてフィーバーしていましたが、今回のこのapple watchでは
アップルストアの前に並ぶのは無駄。

ただapple watchの在庫が足りて手元に届くのをじっと待つしか方法がないって感じ。

おまけに今、apple watchを申し込んでも人気のタイプは数週間~数ヶ月待ち
発売日には到底届きそうもないですし、だからといって200万OVERの高価なタイプは
そうそう買えるものではありませんよね?

私もMacを20年くらい使っているマカーなので、apple watchがすごく気になります!

なのでapple watchの一番安いタイプ・apple watch Sportsを購入しようかな?と
考えていたのですが、色々と調べている内に数ヶ月待ちになり・・・
となったので、今回は様子見で購入しないことにしました。

apple watchの人柱になって情報を発信するのも面白そうだったのですが、
Appleの場合、初期ロッドは危険だという口コミが多かったのもあり、
初回の購入は見送り、色々な情報がある程度出揃った次回に購入しようかな?と^^

でもそれをおしてもやはりapple watchは気になる端末ですよね?

次はapple watch 何ができるのかをリサーチしてみたいと思います。

apple watchで何ができるの

apple watchってやっぱり見た目が超COOLですよね?

巷では正直売れる気がしないとか、興味を持っている人が少ないとか散々な
言われようですが、実際アメリカでは事前予約台数が初日だけで約957,000台を突破した
可能性があるとQuartzが報じていますし、中国では富裕層が高価なapple watchを
購入しているという話も。

でもまあ中国の場合は、売れると見込んで『転売屋』がたくさん買いあさっている
という可能性も多いですが・・・・。

やはり世界中で大注目されているapple watch。

見た目はスマートでかっこいいですが、実際に何ができるのでしょうか?

また実用に耐えうるのでしょうか?そこら辺がとても気になりますよね?

  • 時計機能
  • 言わずと知れた時計機能。これは基本ですよね。

    Apple Watchには、いつでも自由に取り替えられる文字盤が多数用意されていて、
    趣味やその日の気分によって様々な文字盤が設定できます。

    またiPhoneと連係して、GPS衛星と同じ精度で信頼できる世界標準時と同期できます。

  • 電話
  • こんなに小さなボディーで電話もできちゃいます!

    iPhoneを手にすることなく、電話をかけてきた相手を確認し、内蔵されたスピーカーと
    マイクを使ってすばやく会話を始められます。
    (Apple Watchを手で覆うだけで電話の着信音を消すことができます)

    まるで映画に出てくるスパイのようですね^^

  • メール
  • この小ささでメールを読むことも可能です。

    キー入力で返信メールを書きたい時は、届いたEメールをiPhone上で開けばOK。

  • Instagram・Twitter・Facebook
  • Apple Watchにはコミュニケーション機能が満載。

    またApple Watchのアプリは10万個あるとも噂されていて、SNSでつながったり、
    写真をみたりと手軽にSNSで繋がることができそうです。

  • カレンダー
  • カレンダーで予定を簡単にチェックできちゃいます。

  • ワークアウト
  • ランニングやウォーキング、自転車などのワークアウト用に
    時間、距離、消費カロリー、ペース、速度などのデータをリアルタイムで表示。

    スポンサードリンク

    apple watch1つで健康管理までバッチリです。

  • 地図を見る
  • ウソでしょ?っていう機能。

    何とapple watch上で地図が見れちゃいます。

    拡大/縮小もできるので、かなり使えるのでは?とかなり期待しています^^

  • Siri
  • Siriに一声かければ操作が格段にアップします。

    最近はSiriの精度も上がってきているので期待できますね。

  • 音楽をコントロール
  • apple watchはiPhoneに入っている音楽をコントロールできます。

    え?コントロール出来るだけ?iPhoneがないと音楽聞けないの?と
    ちょっとがっかりしてしまいましたが、BluetoothヘッドフォンがあればApple Watch単体で音楽を聴くことができると、Appleのティム・クックCEOが答えたそうです。

    apple watch単体で音楽が聞けるというのは嬉しいのですが、音楽は2GBまでしか
    転送できないそうです。

    ということはお気に入りを厳選して転送するっていうスタイルを推奨しているのかも
    しれませんね。

    全てのプレイリストがapple watch上で聞けるようになると尚良さそうですね。

  • LINE
  • 何と!LINEも使えます。

    LINEもアプリでiPhoneを取り出すことなく簡単にメッセージを確認できます。

    お気に入りのスタンプも使えるのでお手軽ですよね?

  • 写真
  • お気に入りの写真をapple watch上で見ることができます。

    でも写真の容量はたったの75MB。でも自動でリサイズしてくれるので、
    100枚ぐらいの写真を転送する事ができるということです。

    拡大もできるのでかなり便利そうですね。

  • アラーム・ストップ・タイマー
  • 天気

apple watchのアプリは10億個あるとも言われていますが、実際に発売されたら
もっとたくさんの人の手によってもっとたくさんのアプリが開発されることでしょう。

ざっと見ただけでもYahoo!ニュースやクックパッド、
Yahoo!乗り換え案内、Runtasticなど有名なアプリもたくさん揃っているので、
最初からかなり使えるんじゃないかな?と思います。

ただapple watchのストレージ容量は8GBなので、あんまり欲張りすぎるとすぐに
容量いっぱいになってしまいそう。

なお、どのモデルを選んでもモデル間にストレージ容量の差はないそうです。

apple watch バッテリー

今回発売になるapple watchの最大の懸念は、ズバリ!バッテリー。

apple watchは、バッテリーの持ちがあまり良くなく、1月に9to5Macが、
Apple Watchのバッテリーは「ヘビーに使うと2.5時間、通常のアプリ使用で3.5時間、
ヘビー/ライトをミックスして使うと19時間しか保たないと伝えています。

Apple公式でも最大18時間使えるバッテリーをApple Watchに組み込みましたと
謳っているので、あんまりバッテリーが持たない印象ですよね。

その為、最低でも1日に1度は充電をしなければならず、もっとバッテリーが持てばいいのに
と思った人も多いのでは?

Appleのティム・クックCEOも毎晩充電をしているという話なので、しばらくはこの
バッテリー状況のままってことなのでしょう。

apple watchはMagSafeを使ってワイヤレス充電しますが、クレードルやLightningケーブルをつないで充電しなくて良いのは少し楽かも?

でも、今使ってるモバイルバッテリーは使えないってことになるので、
そこはかなり不便ですね!

  • 時刻表示
  • 48時間

  • オーディオ再生
  • 最大6.5時間

  • 連続通話時間
  • 最大3時間

  • ワークアウト
  • 最大6.5時間

  • 省電力モード
  • 最大72時間

まとめ

調べれば調べるほど魅力的に感じてしまうapple watch。

買う気はなかったのにものすごく欲しくなってしまいました。

今、アップルストアで予約しても数ヶ月待ちですが、やっぱりこの祭りに乗りたい
気がしています^^

まだまだ始まったばかりのapple watchですが、これをみんなで便利に使い
色々と改良を加えていけば、本当に素晴らしいウェアラブル端末になりそうで
大きく期待ができますね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加