子供が飛行機で耳が痛い!薬は何を飲む?耳鼻科に行った方がいいの?

春休みということで大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行ってきました。

人は多かったけれど計画通りに進んで、欲しかったものもたくさん買えて
良い旅行だったな~と思っていたら、最後に大どんでん返しの展開が待っているとは!

娘が飛行機の気圧の変化のせいで耳が痛いと泣く寸前・・・。

夜で病院は開いてないのに一体どうすればいいの?

今日は、昨夜我が家で起こった、子供が飛行機で耳が痛い場合の対処法を
書いていきたいと思います。

スポンサードリンク
     

子供が飛行機で耳が痛い場合の対処法

上の娘は7歳にして今まで3回、飛行機に乗ったことがあります。

一番最初は3歳位の時。

その時は、まだ幼く初の飛行機ということでものすご~く気を使い、
泣かないように、吐かないように、耳が痛くならないようにと
とにかく気を使いました。

そのおかげなのか?たまたまだったのか?

そういう問題は一切関係なく、ゴキゲンで飛行機に乗れていたので、
3回目の今回は少し舐めていたのかもしれません、飛行機を。

でももちろん調べたとおりに、アメやガムを食べさせたり、
もしもの時用に耳栓を用意したり、一応の対策はしましたよ。

でも帰りの飛行機は揺れがひどく、普段は丈夫な私でさえ酔ってしまう程。

娘は途中、耳が痛くなったようで半べそをかいていましたが、
ここで母親が動揺するといけないと思い、あくびをさせたり、鼻をかませたり、
耳抜きらしきことをさせましたが、全く効果なし。

結局、飛行機を降りても、1時間近くかけて家に帰り着いても
耳の痛みは収まりませんでした。

帰り着いたのは夜の10時過ぎ。

もう耳鼻科はどこも開いていませんし、緊急夜間病院も耳鼻科の先生は
常駐しておらず、処置は朝まで無理。

娘はまだ痛がっているし、素人が考えられる処置はしたけど効果はないし。

本当にホトホト困りましたが、とりあえず夜間緊急病院に電話をし、
指示をあおいでみる事にしました。

電話に出たのは看護師さん。

耳鼻科の先生はやはり常駐しておらず、来てもらっても処置はできないとのこと。

でもちゃんと対処法は聞くことができたので、わかりやすく箇条書きにしてみました。

<子供が飛行機を降りても耳が痛い場合の対処法>
●耳の痛さはだんだんと慣れてきて良くなってくる
→飛行機で耳がキーンと痛くなるのは、気圧の変化によるもの。
 その為、飛行機を降り地上にいると、段々とその環境に慣れてきて
 耳の痛さは良くなってくる。
 また、飛行機を降りても耳の痛さが消えないと電話で相談したり、実際に病院に
 来たりする人は多いが、その大半がしばらくすると改善している。
 
●耳が痛い場合には『痛み止め』を服用する
→痛みがひどい、なかなか直らない。でも病院が開いていない、
 耳鼻科の先生がいない。
 そんな場合、夜間緊急病院では『痛み止め(鎮痛薬)』を飲ませて、
 朝まで凌がせるそうです。
 飛行機で耳が痛い場合に痛み止めとは考え付きもしませんでしたが、
 そうすることで痛みが収まるとのことでした。

正直、気圧の関係で耳が痛くなってしまった場合には、耳抜きをしたり、
鼻を噛んだりする位しか素人ができる改善方法はありません。

耳鼻科に行けば処置をしてもらえますが、フライト時間が夜の場合は
病院自体開いていません。

スポンサードリンク

その為耳が痛くなる前に予防をし、耳が痛くならないようにするのが
本当は一番効果的
だそうです。
 

 <飛行機で耳が痛くならないためにできること>
●アメやガムを食べる

●風邪を引いていたり、鼻がグズグズしていたりするとなりやすいので、
 予め治療をしておくか、点鼻薬などをさす。

●特殊な耳栓を使う(サイレンシア・フライトなど)

●あくびをしたり、耳抜きをする

最終的にはキャビンアテンダントさんに相談してみると、何らかの
対策法を教えてくれるかもしれません。

飛行機で子供が耳を痛がったら薬は何を飲ませればいいの?

飛行機で子供が耳を痛がったら薬を飲ませればいいということでしたが、
小さな子供の場合、どんな薬を飲ませたら良いのでしょう?

大人なら市販の鎮痛薬(バファリンなど)が常備してあるかもしれませんが、
子供にはなるべく薬を飲ませたくないからと、子供用の頭痛薬(鎮痛薬)は
常備していないというご家庭も多いのではないでしょうか?

うちもあまり子供に薬は飲ませたくない方なのですが、痛みには変えらないので、
鎮痛薬を飲ませてみました。

その鎮痛薬は、たまたま先日行きつけの小児科に行った時に10包処方して
もらっていたものでした。

薬剤名は『カロナール』。

子供用に粉末状にしてあるタイプです。

副作用も起こりにくいと言われており、あっても症状が軽いものが多いそうです。

うちの場合はたまたま小児科からもらった鎮痛薬がありましたが、
もしない場合は、子供用の鎮痛薬がドラッグストア等で売っているので
そういうものを利用すると良いでしょう。

面倒くさいからといって大人の鎮痛薬(特にアスピリン系)を飲ませるのは、
危険なので絶対に辞めましょう。

子供が飛行機で耳が痛い時、耳鼻科に行った方がいい?

子供が飛行機で耳が痛い時、耳鼻科に行った方がいいのでしょうか?

緊急夜間病院の看護師さんがおっしゃるには、夜間に病院で診察してもらえなかった
場合でも、朝になると痛みが良くなっていた、または薬で痛みが消えていたという人が
多いようです。

でも稀にいつまでたっても痛みが消えない場合は、もしかしたら
『航空性中耳炎』と呼ばれる症状がひどくなっているのかもしれません。

軽い場合はしばらくしたら消える症状が、重くなるとひどい状態が数日続いたり、
ゴーっというような耳鳴りがする場合もあります。

もっと重症になると、鼓膜の内側に血液が混ざった滲出液が溜まり、
滲出性中耳炎になったりする場合もありますので、いつまでも症状が改善しない時は、
たかが飛行機の耳詰まり程度と軽く見ずに、耳鼻科に行って診察してもらうように
しましょう。

※子供は滲出性中耳炎になりにくいという結果もあるようですが、
 ひどくなる前の予防が大切なんですね。

まとめ

せっかくの楽しい旅行も、飛行機の気圧の影響で体調が悪くなると
思いっきり楽しめませんよね?

幸いうちの娘の場合は帰りの飛行機での話だったので、旅行には全く
関係しませんでしたが、飛行機を降りても耳を痛がっていたので、
正直焦りました。

一番大切なのは耳が痛くならないように予め対策をしておくことだと知ったので、
次からはしっかりと準備して、気圧で耳が痛くならないようにしないといけないな
と実感しました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加