高カカオチョコレートの効能がすごい!太るの?一般的なチョコレートはカカオ何%

高カカオチョコレートがたくさんのメーカーから
発売されていますね。

そんな中、カカオ分70%以上のチョコレートに
脳が若返る効果がある可能性があることがわかったと
発表されました!

高カカオチョコレートの効能って?

高カカオチョコレートって太るの?

市販されているチョコレートってカカオ何%なの?

今日は高カカオチョコレートについて書いてみようと思います。

スポンサードリンク
     

高カカオチョコレートの効能がすごい!

最近、色々なメーカーから出ている高カカオチョコレート。

カカオ72%、88%、95%なるものまで出ていますよね。

ちょっと前にも高カカオチョコレートが流行った時に
私もカカオ70%のチョコレートを買って食べたんですが、
苦いし、口溶けもあんまりよくないし、美味しくなかった、
というイメージしかありませんでした。

で、今回のこのニュースを受け、

明治のTHE チョコレート(魅惑の旨味 Gianduja)

と、

ダイソーで売ってたカカオ80%の無名のチョコレート

を実際に買って食べてみた所、
信じられないくらい口溶けがよくおいしくなっていました!

これなら毎日食べられる、と思えるおいしさなので
これは健康に良いと言われる高カカオチョコレートを
買って食べるしかありません。

ということで、チョコレート大好きの私は
今年は高カカオチョコレートを食べることにします!

気になる高カカオチョコレートの効果ですが、
ものすごく気になったので、調べてみましたよ^^

★脳の若返りが期待できる

45歳から68歳の男女30人に毎日25グラムの
カカオ70%以上の高カカオチョコレートを1カ月間食べてもらった所、
大脳皮質の量が増加して学習機能を高める可能性があることが確認された
というニュースがつい最近発表されました。

まだまだ研究中ですが、チョコレートを食べるだけで
大脳皮質の増加が見られたということで
チョコレートの効果が今大注目されています。

★栄養が豊富

高カカオチョコレートには、
『抗酸化物質』と呼ばれるカカオポリフェノールや、
カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・フラボノイドなど、
健康に良いと言われている成分が豊富に入っています。

特にこの高カカオチョコレートに豊富に含まれている
『ポリフェノール』は、様々な効果効能が言われており、
ポリフェノールの量は有名な赤ワインやリンゴよりも多いのです。

スポンサードリンク


【ポリフェノールの効果効能とは?】

★動脈硬化を防ぐ

動脈硬化とは、血管内(動脈内)にコレステロールや
中性脂肪などがたまり、血液が流れにくくなったり、
最悪詰まったりする恐ろしい病気です。

ポリフェノールには、血圧を下げたり
善玉コレステロールを下げる効果があると言われ、
動脈硬化の予防、進行を遅らせる効果が期待されています。

★血圧を下げる

ポリフェノールには熱圧を下げる効果があると言われています。

特に高血圧気味の人のほうが効果がみられることが分かっています。

高カカオチョコレートを食べることで
血圧がコントロールできるようになると良いですよね。

★ストレスに効果あり

甘いものを食べるとストレスが解消される、とよくいいますが、
ポリフェノールを取るとそのスト留守にうまく対応できることが分かっています。

チョコレートって心身ともに癒やしてくれるお菓子だったんですね^^

★がん抑制効果

うそでしょ?とつい思ってしまうんですが、
ポリフェノールには抗酸化作用があるので、
ガンの発生を抑制する効果があると期待されています。

DNAの突然変異が抑制されることもわかっています。

★アレルギー症状の抑制

アトピーや花粉症などに悩んでいる人が多い現代。

活性酸素が原因とも言われるアレルギーにも
効果があると言われています。

ポリフェノールが活性酸素の過剰な働きを抑制することが
分かっています。

そのほかにも、便秘解消だったり、
腸の働きを整えたりという効果も分かっています。

とはいえやはり万能薬ではないため、
適度な摂取が望ましいでしょう。

高カカオチョコレートって太るの?

高カカオチョコレートと聞くと、
使っているお砂糖も少なそうだし、
ポリフェノールも豊富って言うから健康そう!
と思ってしまいます。

でも高カカオチョコレートがいくら体に良い効果をもたらすからって
チョコレートであることは変わらないので、
実は太っちゃうんじゃないの?
って不安に思っている人も多いのではないでしょうか?

実は『チョコレート=太る』という訳ではありません。

必要なカロリーよりも多く摂取するから太るのであって
チョコレートを食べたから太る、というわけではないのです。

でも実はこの高カカオチョコレート、
イメージとは裏腹に、一般のチョコと比べて高カロリー!

カカオの含量が多いため、『脂質』が高く、
一般的なチョコと比べて1.2倍以上の脂質が含まれているそうです。

なので体に良いからと言って食べすぎてしまっては本末転倒。

1日少しづつ、定期的に取ることが好ましいので、
1日1かけ〜2かけ程度を、食前などのお腹がすいた時に
取るようにしましょう。

一般的な市販チョコレートってカカオ何%なの?

色々なメーカーから様々な高カカオチョコレートが
発売されていますが、どれも結構高いですよね。

昔と比べて甘さ控えめでもおいしいため、
ついつい食べすぎてしまいそう。

高カカオチョコレートが健康には良いって言うけど、
結構高いし、続けていくのは大変そうです。

普通にコンビニやスーパーなどで市販されている
一般的なチョコレートって、カカオ何%なんでしょうか?

調べてみた所、

通常のチョコレートはカカオ30%〜40%

なんだそうです。

結構高いじゃん!と思わず思ってしまったんですが、
皆さんはどう感じたでしょうか?

とは言っても、健康的な様々な効果が見られたのは
あくまでもカカオ70%以上と言われているので
やはりカカオポリフェノールの効果を期待するなら
70%以上とうたってある高カカオチョコレートを
高くても購入して食べ続けていくのが好ましいです。

「近い将来、カカオはなくなってチョコレートは食べられなくなる」
という話もあるくらい、カカオって貴重なものなので
高くても仕方がないのかもしれませんね。

まとめ

私はチョコレートが大好きで、
特に秋冬にはたくさん食べてしまうんですが、
これからは健康のためにも、高カカオチョコレートを
毎日少しづつ継続して食べるようにしよう!と心に決めました。

美味しくて食べるとホッとするチョコレート。

おいしいからといって食べすぎることなく、
健康に良い食べ方をしたいものですね。 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加