動物カフェが人気!アニマルルームいけもふに行きたい!アニマルカフェ注意点は?

4f46aa82a36abeac8ea26dd7811dc2fe_s

※画像は全て、アニマルルームいけもふの動物ではありません!※

アニマルカフェ(動物カフェ)が大人気になっていますよね。

私も娘も動物大好きなのでアニマルカフェに行きた〜い!

今日は今年行きたいアニマルカフェNO1の
アニマルルームいけもふについてまとめてみましたよ。

アニマルルームいけもふの詳細についてや
そこの動物たちについて、注意点などをお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク
     

動物カフェが人気!アニマルルームいけもふに行きたい!

ここ数年、アニマルカフェ(動物カフェとも言います)が
ものすご〜く流行っていますよね。

最初の頃は犬と一緒に行けるドッグカフェとかでしたが、
猫カフェやうさぎカフェと続き、
最近ではフクロウカフェやハリネズミカフェなど
珍しい動物のカフェも増えています。

ハリネズミカフェなんてわざわざ外国人が
大挙して押し寄せるなど、ものすごい人気になっています。

私も娘も大の動物好き。

今は忙しくて犬しか飼ってませんが、その昔は
うさぎやハムスター、リスにウーパールーパーに
フェレット3匹と、動物をたくさん飼ってました^^

リスなんて繁殖させたりとかしてましたし。

でも最近はなかなか動物の世話をするヒマがなくて
ペットショップとかで見ているだけ。

ハリネズミとかフェネックとかふくろうとか飼いたいよ〜!
って思うんですが、値段も高いし、世話も大変だし、
生き物だから中途半端はできない・・・・と諦めています。

でも動物たちと触れ合いたい、モフモフした〜い。

ということで、アニマルカフェ(動物カフェ)にとても行きたい私。

調べてみたら去年いろいろな動物と触れ合えるカフェ、
『アニマルルームいけもふ』なる場所ができたんだとか。

私の大好きなハリネズミもモモンガも、
プレーリードッグもチンチラも、
かわいいけど値段が高いことで有名なフェネックまでいます。

これはエキゾチックアニマル好きにはたまらない
豪華なアニマルカフェでしょ?

ということで今年どうしても行きたいアニマルカフェNO1.
アニマルルームいけもふについて詳し〜く調べてみました。

アニマルルームいけもふ詳細

場所:東京都豊島区東池袋一丁目29番4号 成田ビル6F
(1階に松屋が入っているビル)

営業時間:13:00〜19:00(平日)
12:00〜20:00(土日祝日)

休み:なし

定員:【小動物】24人
【ふくろう】18人

値段:
【小動物】1人1時間1300円(税込)

【ふくろうROOM】1人1時間1300円(税込)

【小動物フクロウ両方】1人1時間2400円(税込)

小学生未満 1人1時間600円(税込)

※1ドリンクつき(ペットボトル)

駐車場:なし

エレベーター:なし

連絡先:03−5396−7751

いけもふHP

※WEB予約優先
※当日は電話予約のみ
※動物の体調により触れ合えない場合もあり


スポンサードリンク


アニマルカフェ注意点は?

3133bd3b36e40320681edf0864842d47_s

アニマルカフェは予約なしでも入れるところもありますが、
やはり場所が狭かったり、分かりにくかったりする場合も多く、
予約をして行くというのが多いようですね。

アニマルルームいけもふも、ビルの6階で狭いので、
WEB予約した人が優先になります。

予約なしでも当日空きがあれば入れるようですが、
確実に入るためにはちゃっと予約をして行ったほうが
安全ですね。

なお、当日はWEBからではなく電話予約のみなので
注意しましょう。

アニマルカフェに行く人は、動物が好きな人だと思いますが、
アニマルカフェに行くに当たっての注意点もあります。

注意事項をしっかりと守って、
かわいい動物たちにストレスを与えないようにしたいですね。

アニマルカフェの注意点とは?

●フラッシュ撮影はしない

写真OK なアニマルカフェは多いですが、
その際はフラッシュ厳禁というルールがある所がほとんど。

その理由は、

★フラッシュが眩しくて動物が驚いてケガをしたり、

★光に驚いて思わぬ行動を取ってしまったり、

★目を悪くしてしまったり(ひどいと失明の危険性も)、

が主です。

フラッシュの光ってかなり眩しくて
瞬間的に光るので動物たちは苦手な子が多いですよね。

うちのチワワもフラッシュ撮影が大嫌いで、
フッラシュ撮影していると、
写真を撮らせてくれなかったり、目を閉じてしまったりと
いい写真が撮れません。

怖がらせたり、体調を悪くさせてしまってはかわいそうなので、
フラッシュ撮影は辞めましょう。

●無理に触らない

アニマルカフェの動物たちは
人間になつくようにしつけられているので
嫌がらずに抱っこさせてくれたり、近づいても嫌がったりしません。

でも動物にも『心』はあります。

怖いという気持ちも嫌だという気持ちも持っているので、
無理強いしてはいけません。

思いがけない行動や、急な行動には特にびっくりします。

カフェの人の言うことをちゃんと聞き、
動物たちにストレスが無いような態度を心掛けましょう。

●子どもは苦手な場合も

動物好きな子どもも多いですよね。

でも残念ながら動物は子どもが苦手な子も多いです。

子どもは突然思いがけない行動を取ったり、
急に触ったりなど、油断ができない行動を取ることが多いため、
動物がびっくりしやすいのです。

また、だっこなどに慣れていないことが多く、
動物との付き合い方も不慣れなことが多いため、
子供だけで触らせたり、だっこさせたりとかはとても危険。

スタッフの方にケアしてもらいながら座って触る、
程度は大丈夫かもしれませんが、
やはり親が動物と子ども双方がケガをしないように
しっかりと注意深くみておく必要があります。

●各動物の触れる場所・嫌な場所を把握しておく

動物には

★触られるのが好きな場所

★触られるのが嫌な場所

があります。

犬などは、耳の当たりとか首のあたりとかを触られるのが好きで、
尻尾や手足の先を触られるのを嫌う子が多いですよね。

フクロウや小動物などは、性格が繊細な子が多く、
驚いて突発的に噛んでしまう、ということも起こりえます。

特に口元などに手を持っていくと
噛まれたり、引っかかれたりなどということもあるので、
スタッフの人に、触れる動物が好きな場所や
反対に触れたら行けない場所も聞き、しっかりと守るようにしましょう。

動物は気持ちのいい場所を触られるとうっとりするので、
そういう所を触るのが動物に好かれるポイントですよ^^

まとめ

もしかしたら動物たちにとっては
知らない人に触られるというのはストレスなのかも知れませんが、
動物を飼えない人からしたら、好きな動物に触れることができる
こういったカフェはとても嬉しいですよね。

今年はハリネズミを飼いたいな〜と思っているから
1度アニマルカフェでハリネズミと触れ合ってみたいな〜。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加