ズートピア 見てきた!アナ雪とどっちが面白い?グッズが人気すぎて売り切れ!

4-22 アナと雪の女王 短編 公開日は?何分あるの?吹き替えは誰がするの?

日本でも大人気のディズニーアニメ『ズートピア』を
今更ながら見てきました^^

世界興収10億ドル突破したズートピア、
アナと雪の女王と比べてどうだったのか?
今日は私の感想を書いてみます。

スポンサードリンク
     

ズートピア 見てきた!

全米で3月4日に、
日本でも4月23日に公開のディズニーアニメ「ズートピア」。

アメリカでは同じくディズニーの大ヒット映画
『アナと雪の女王』の興行成績を破り、大ヒットしていますが、
ここ日本でもアナ雪フィーバー程の派手さはないながらも
地道に動員数を増やし続け、
ついに世界興収10億ドルを突破したそうです。

アナ雪はブルーレイ含め、37回見たって言うほど
ディズニー映画大好きなので、
ズートピアも見に行きたいとは思っていたけれど、
なかなかそのチャンスもなく・・・・。

と思っていたら、
「この大ヒット映画、まだ見てない奴いるの?」
的な扱いをされたので、急遽見に行ってきました^^

こんなヒット作を見逃してどうする?
っていう位、人気のズートピア。

動物ものだから子ども向けでしょ?
っていって見に行かないのはもったいないですよ^^

ズートピア アナ雪とくらべてどう?

引用:Youtube シネマトゥデイ

【ズートピアあらすじ】

人間のような世界で様々な動物たちが暮らすズートピア。

小さい頃から立派な警察官になるのを夢見る
田舎町で育ったうさぎのジュディは
ふわふわボディーのちっちゃなうさぎだけど、
警察学校を優秀な成績で卒業し、
うさぎ初の警察官になる。

念願の夢が叶い、警察官として職務に励みたいジュディだったけれど
現実は希望通りにいかず、交通取り締まりばかりを言い渡される毎日。

そんな時、平和な街ズートピアで
14匹の肉食動物ばかりが誘拐される事件が起こる。

ちょっとしたことからその捜査を「48時間限定」で
捜査できるようになったジュディーは
詐欺師のキツネ・ニックを相棒に
その謎に迫っていく。

何故、14匹はいなくなったのか?

平和な街、ズートピアに訪れた、最大の危機とは?

ジュディとニックはその謎を見事解決できるのか?


全米でアナと雪の女王を超えたと話題だったズートピア。

夢を諦めない、正義感あふれるうさぎのジュディと、
カッコいいと評判のキツネのニック。

二人の掛け合いがとてもおもしろく、
ドキドキハラハラ、楽しめる映画でした^^

ズートピアは奥が深い映画だとよく言われるけど、
人間界にそのまま置き換えられる、
まさに大人にこそ見て欲しい映画。

もちろん何も考えずに純粋に楽しんでもOK。

子どもがみても十分楽しめる、
面白い映画になっています。

で、アナと雪の女王を超えたと言われるズートピアですが、
私はアナと雪の女王の方が好きだったなぁ。

聞いてみたら、アナ雪が良かったって人と
ズートピアが良かったって人が真っ二つの結果に!

私は長女だからアナ雪にドンピシャ、
はまったのかな?と思ったり・・・・。

でも、うさぎのジュディ、
目元とかがエルサに似てる気がしません?

毛並みもフサフサで
愛くるしいキャラクターなので
これから人気の定番キャラになること
間違いなさそう。

外国では早速、ジュディとニックが
グリーティングに現れているパークもあるようなので、
日本のディズニーランドでも、
アナとエルサに続いてジュディとニックが登場して欲しいですね。

スポンサードリンク

ズートピアグッズ 人気すぎてどこも売り切れ続出!

ふわふわかわいいジュディと、ニヒルでカッコいいキツネのニック。

とてもいいコンビが誕生しましたよね^^

で、このズートピアグッズ、今、ものすごい人気になっていて
特に人気のものはなかなか手にはいらない状況が続いています。

たとえば、
警察官姿のジュディのぬいぐるみ。

これなんてすごい人気のため、なかなか入手困難品。

今、一番入手困難なグッズは、
ジュディが映画中に使い、ニックをやり込めた
録音ができるにんじんのペン『にんじん型レコーダーペン』。

在庫なしだったり、プレミアム価格化しているので
なかなか手が出ません。

アナと雪の女王の時も、映画上映中はグッズが総売り切れ状態が続き、
その後ババーっとグッズが出ました。

なので今回もしばらくはグッズの枯渇状態が続きそうです。

欲しい場合には、こまめに楽天市場の商品検索で
探してすぐに購入するしかなさそうですね。

まとめ

ズートピア。

子供っぽい映画だと毛嫌いするには惜しいですよ^^

ドキドキハラハラのディズニー映画、
やっぱりオススメです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加