肉フェス 食中毒発生!鹿児島の鳥刺しって安全なの?

肉フェス 食中毒発生!鹿児島の鳥刺しって安全なの?

ゴールデンウィークイベント『肉フェス』で
鶏肉のすしを食べた客が腹痛などの症状を訴えた問題。

え?
鶏肉を生で食べちゃダメでしょ?っていう声の大きさに

ええっ!生で鶏食べるの、普通でしょ?
って思った鹿児島県人、多いのではないでしょうか?

今日は生の鶏肉の刺し身が危険なのか?
調べてみました!

スポンサードリンク
     

肉フェスで食中毒が発生!

ゴールデンウィーク期間中に開催された
人気イベント肉フェス。

規模や開催地を拡大して行われたんですが、
鶏肉の寿司を食べた人が腹痛などの
食中毒症状を訴え、大問題となりました。

鶏なんかを生で食べるなんて!
と、ネットなどではかなりびっくりされている鶏の生食。

保健所も止めるように散々通告していたのに
強行され、食中毒を起こしたと非難されていますが、
鹿児島では鶏の生の刺し身って普通なのに・・・
と思った鹿児島県人も多かったのではないでしょうか?

今回の肉フェスは、たくさんの人が集まる野外で、
ということで食中毒が発生してしまったのですが、
鶏の生食って危ないんでしょうか?

ニュース記事

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160516-00000526-san-soci

スポンサードリンク

生の鶏の刺し身って危ないの?

鹿児島では昔から、
生の鶏を刺し身にして食べる習慣がありますよね。

私も小さい頃から大好きでよく食べていました。

田舎のばあちゃんが、孫が来るからって言って
家で飼っている地鶏を潰してご馳走してくれていた
って人も多いでしょう。

よく考えてみると残酷かもしれませんが、
昔はどこの田舎もそんなものだったのでは?

鹿児島や宮崎、大分の一部では、
ナマの鳥刺しは郷土料理とされており、
今でもその文化は受け継がれていますよね?

うちも偶然、今日母が買ってきてました、
鳥刺しもちろん生^^

小さい頃からごく当たり前に
鶏の生の刺し身を食べて育ってきたので、
他の地域の人は食べない、
鹿児島の文化なんだって言うことすら知らなかったし、
その危険性についてなど1度も考えたこともありませんでした。

でも、県外から嫁いできた知り合いが
みんな最初すっごいびっくりしたことを聞いて
自分たちが特殊だったんだな〜って知ったのです。

もちろん、その知り合い達はみんな、
今では生の鳥刺しが大好きになり、よく食べていますが
若い母親の中には、子どもに食べさせない、という人も出ていると、
最近ちょくちょく聞くようになってきました。

ネットで調べたお母さんたちが、
食中毒の文字に神経質になっているようですが、
私も私の家族も、今まで1度も食中毒になったことはありません。

まあ鹿児島の場合は、
厳しい基準をクリアした施設で調理されたものが
店頭で売られている
、ということなので、
よっぽどではない限り心配する必要はないと思いますが、
体質や、その日の体調などであたってしまう・・・・
という可能性はあるので、気になるようなら食べないほうが
安全ですね。

鶏肉の消化器官には、『カンピロバクター』という菌が生息していて、
それは新鮮な鶏肉でも検出されることがあります。

そのため、実は食中毒事件が起こっているのも
事実としてあります。

なので、鶏肉は基本的にしっかり火を通す必要があります、
と指摘している機関がありますが、
厚生労働省は特に規制まではしていません。

鹿児島の場合は、郷土の文化としてある為、
他の県よりも基準が厳しく、
これからも生の鳥刺し文化は続いていくと思われます。

また危険性はありつつも、美味しいですし、
郷土の食なので、食べ続ける人は食べ続けていくでしょう。

魚の刺身より鳥刺しのほうが好きだっていう
鹿児島県人も多いです。

危険性はあるでしょうが、
安全性を保ちつつ、文化として続いていって欲しい
と正直思います。

カンピロバクターの食中毒の症状と潜伏期間

●下痢

●腹痛

●発熱

●倦怠感

●めまい

●頭痛

●筋肉痛

潜伏期間:1日〜7日(平均2〜3日)

かかりやすい年齢層:子ども・高齢者・病中病後の方・免疫力が落ちている人

まとめ

鹿児島の場合は、他の県からするとちょっと状況が違うため、
一概に鶏の生食がいけない!とは言い切れませんが、
いくら安全基準が高いとは言っても細菌の危険性はあるので、
体調などを考慮して、安全なお店のものを食べるようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加