イースターはいつ?イースターエッグとうさぎの意味って?

3-9 イースターはいつ?イースターエッグとうさぎの意味って?

外国では盛大に祝うイースター。

日本でもディズニーランドで
イースターイベントが盛大に開催されるようになり、
知名度が少しづつ上がってきていますね。

でもイースターって一体なんなの?

今日は春のイベント、イースターについて
書いてみようと思います。

スポンサードリンク
     

イースターっていつなの?

最近よく聞くようになってきたイースター。

イースターと言ったら、卵やうさぎなどの
モチーフが有名ですが、
その意味はもちろん、イースターが何なのか?さえ
知らない人もまだまだ多いと思います。

イースターは日本語で『復活祭』と言います。

イエス・キリストが死後3日目に蘇ったことを
国民総出で祝うイベントなので、
キリスト教徒がそこまで多くない日本では
今ひとつ浸透していませんよね。

でもキリスト教においては最も重要な祭だと
言われています。

日本でイースターといえば、
東京ディズニーランドで
2016年3月25日~6月15日に開催される
『ディズニー・イースター』の方が有名ですが・・・。

本場イースターというのは、不定期に行われるイベント。

春分の日の後の最初の満月の次の日曜日
に祝われると決められているようです。

ちなみに2016年のイースターは
3月27日(日)
です。


イースターエッグの意味が気になる

イースターというのは、クリスマスと同じように
家族でご馳走を食べて、復活をお祝いする
大切な日。

肉や卵、乳製品などを食すのが復活祭の日に解禁される為、
イースターの食卓はこれらを使ってとても豪華。

卵やバターなどを使った菓子パンやケーキなどが
作られるんだそうです。

その中でも一番有名なのは、
やっぱりイースターエッグですよね?

イースターエッグというのは、
イースターのシンボル的なもので、
彩色や装飾を施されたゆで卵のこと。

国によってはもう芸術品としか呼べないような
美しい装飾を施したイースターエッグもあり、
ただただ感動してしまいます^^

このイースターエッグの意味ですが、

  • 新しい生命が生まれ出ること
  • と、

  • 死と復活を象徴している

とされています。

そんなに深い意味があったとは知らなかった。

本当に大切な意味のある行事なんですね。

スポンサードリンク


イースターエッグ うさぎの意味は?

イースターと言って思い出すのが、
たまごと、うさぎですよね?

ミッキーマウスのイースターバニーで
知ってる人もきっと多いはずです。

でもイースターに何故うさぎ?

復活祭のウサギというは、西欧のみの習慣で、
一節には15世紀からの起源があると言われています。

かなり昔からの習慣なんですね?

うさぎをかたどったチョコレートを作る
国もあるそうですよ。

イースターでうさぎが使われている意味は、
うさぎが多産で、豊穣の象徴だから。

生命の復活と繁栄を祝う、イースターのシンボルなんです。

伝承によれば、イースターエッグや飴などをバスケットに入れて
子どもたちのいる家に届けるといううさぎ。

イースターでは大事な象徴になっていますが、
こういう深い意味があってのことなんですね。

まとめ

最近ではディズニーランド以外でも
イースターをモチーフにしたお菓子や
飾り物などが売られるようになってきています。

外国のイベントであるバレンタインデーやハロウィン、
クリスマスなども、着実に日本でイベントとして定着しました。

イースターも日本で定着するのでしょうか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加