pm2.5の危険性!アトピーには悪影響?対策方法を考える。

数年前から言い出した中国やインドからの汚染物質PM2.5。

詳しいことは良くわからないけど、とにかく体に悪くて、
マスクの目をかいくぐって人体に入ってくる悪いもの。

健康な人でも身体に悪影響を及ぼすと言われていますが、
アトピーや喘息、鼻炎など様々なアレルギーを持った私みたいな人は、
PM2.5から一体どうやって身を守ればいいの?

アレルギー持ちの人のための対策を調べてみました。

スポンサードリンク

pm2.5の危険性

日本には『春霞』というとても美しい言葉が有ります。

美しく瑞々しい春の言葉でしたが、それがPM2.5や黄砂などで
汚染されていたとしたら、笑うに笑えませんよね?

数年前から急にテレビなどで騒ぎ出したこのPM2.5。

原因は、中国などで使われている暖房用の石炭のすすや、
ディーゼル車や工場の排ガスに含まれるすす。

空気中に漂うこの汚染された直径2・5マイクロメートル以下の粒子は、
粒子が細かすぎる為、吸いこむと鼻やのどで止まらずに肺の奥にまで入り込みます。

そのせいで、ぜんそくや気管支炎を引き起こしたり、悪化させたり、
肺がんなどの危険を高める可能性があるという研究結果も出ている程。

とにかく何の対策もせずに汚染された街を歩くことは大変危険なんです。

pm2.5 アトピーにはどんな影響があるの?

アトピーとは「奇妙な」とか「場所が不特定」とかいう意味を持ち、
原因がわからなかったり、わかってもその除去が難しかったりと
なかなか厄介なアレルギー性の皮膚疾患です。

元々は子供の病気のように言われていたアトピー性皮膚炎ですが、
最近では大人になってもアトピーが完治せず、『成人アトピー』などと
いう言葉もある程、苦しめられている人が増えているアトピー。

成人アトピーは乾燥やダニ・ノミなどのアレルギー、またストレスなどで
悪化すると言われており、完治はなかなか大変な病気です。

ですが最近の研究結果で、実はアトピーの原因はpm2.5などを含めた
大気汚染
なのではないか?という事がわかったそうです。

アトピーは皮膚が乾燥し、皮膚のバリア機能が低下して、様々なアレルゲンや
汚染物質が体内に進入した事による過剰反応により悪化すると言われていますが、
粒子の小さいこの汚染物質pm2.5は、やすやすと人体に入り込み、
身体に過剰反応させてしまうのです。

つまり、できるだけその過剰反応が起こらないように事前にブロックすることが
ものすごく大切ってことですね。

そのためには、保湿クリームなどを塗って肌の保湿を高めておいて、
皮膚が本来持つ「自然のバリア機能」を回復させること。

水分と油分のバランスを正常に近づけ整えておくのがいいと思われます。

また免疫力を高めるために、免疫力を高める効果がある食べ物を食べ、
規則正しい生活を心がけましょう。

    ★免疫力を高めると言われている食べ物★

  • ヨーグルト
  • 納豆
  • かぼちゃ
  • 梅干し
  • バナナ
  • にんにく
  • お茶
  • 大根
  • 3月から6月までが花粉のピークなのですが、その時期は花粉とpm2.5が
    重なって飛来するため、特に注意が必要です。

    スポンサードリンク

    pm2.5の対策方法を考える!

    pm2.5の飛散状況をテレビで見て、洗濯物は外に干しても大丈夫かな?
    って判断する人、多いのではないでしょうか?

    私はAndroidのウィジットで確認して、洗濯物を外に干せるか?
    外出時にマスクをした方がいいか?など判断しています。

    やはり自分がアトピーや喘息などのアレルギー持ちなので、
    pm2.5対策は真剣です。

    人間側が対策できることなど大したことがないかもしれませんが、
    今できる最大限の対策はやっておきたいですよね?

  • マスク
  • 一番に考えつく方法がこれですよね?
    でも普通の花粉用などとして売られているマスクの効果の程は今ひとつでしょう。
    だからといって高い「N95マスク」などは勿体無くてなかなか使えませんし。
    私はテレビで効果があると言っていたので、マスクを2枚重ねしてその間に
    濡れたガーゼやティッシュなどを挟んでいます。
    かなり息苦しいです・・・・。

  • 空気清浄機
  • 最も効果的と言われている方法かも?
    最初にpm2.5の危険性が騒がれた時には、どこのメーカーもpm2.5の
    除去には対応していませんでしたが、今ではたくさんのメーカーが
    pm2.5に対応した空気清浄機を発売しています。
    私はこの空気清浄機を購入し、今も稼働しています。

    ただ、フィルター掃除だけはしっかりしないと、意味をなさないどころか
    かえって汚染を広げてしまう可能性もあるので、注意して下さいね。

  • 掃除機をかける
  • 身体に入れないことはもちろんですが、入ってきたものを確実に除去する為には
    掃除は欠かせません。
    吸引力が高く、汚染物質を簡単に捨てられる紙パック式の掃除機がオススメです。
    また、少し前からフィルターで吸い込んだ微粒子を外に逃さない構造の
    掃除機も発売になっているので、そういう掃除機を選ぶと良いでしょう。

まとめ

pm2.5に悩まされる季節が今年もまたやって来ました。

原因国である中国が対策を取って少しでも汚染物質を減らす努力を
してくれれば一番良いのですが、正直今のところはそれが望めそうもないので
今は自分ができうる最大限の対策を講じましょう。

アトピーや喘息などで苦しむ人が増えないようにと願うばかりです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加