インフルエンザ 予防接種の時期、受験生はいつ?副作用は?料金今年高くない?

インフルエンザ 予防接種の時期、受験生はいつ?副作用は?料金今年高くない?

今年もあちこちの病院で、インフルエンザの予防接種が始まりましたね。

今年はまだそんなに寒くもないのに、9月にもうインフルエンザで
学級閉鎖が起きているようです。

家には大事な受験生がいるというのに心配!

今日は受験生ってインフルエンザの予防接種を受けた方がいいの?

また受けるならいつがいいの?など、受験生とインフルエンザのことについて
書いてみます。

おまけに今年、高くなったインフルエンザの予防接種の何故!もお送りします^^

スポンサードリンク
     

インフルエンザの予防接種の時期 受験生はいつがいい?

いよいよ今年もインフルエンザの予防接種が始まりましたね?

あなたはインフルエンザの予防接種って受けていますか?

私は感染してもタミフルやリレンザなどを飲むとすぐに良くなるのですが、
子供がいるので一応予防接種は毎年受けています。

去年は予防接種をしたのにインフルエンザに感染してしまいましたが^^

一時期、子供がタミフルで異常行動を取るというニュースが
ば〜っと広がり、子供を持つ親が警戒しました。

それからインフルエンザの予防接種を毎回子供に受けさせてる、
って言うママ友が増えたように思います。

やはり学校に行っていたりすると、お友達からもらってくるかもしれないですしね。

でも気になるのは、インフルエンザが流行する冬に大事な受験を控えた受験生のこと。

せっかくこの日のために勉強を頑張ってきたのに、インフルエンザで実力が
発揮できなかった・・・ってなったら泣くに泣けません。

受験生の場合、インフルエンザの予防接種を受けていたほうが安心。

それも受験の頃に最も免疫力が高い状態にしておくことがBESTです。

インフルエンザはだいたい、毎年1月から2月に大流行します。

そう、受験生が一番かかっちゃいけない時期に大流行の時期が来てしまうんですね。

でも予防接種したからといってすぐに免疫が付いて、
インフルエンザにかからなくなるって訳ではありません。

体の中でしっかりとした免疫ができるまでには時間がかかってしまうのです。

そのため、受験生が受験時期にバッチリと免疫をつけておきたい!
という場合には、遅くても11月中旬までには受けさせておきましょう。

また小さな子供の場合、2回接種するように小児科の先生に言われますが、
受験生の場合も2回接種を受けたほうが効果が高い、という論文もあるようです。

先生と相談した上で、2回接種してもいいかもしれないですね。

なお、予防接種を受けても絶対にインフルエンザに感染しない!という訳ではありません。

乾燥していたり、栄養が足りなかったり、近くに感染者がいたりした場合には
インフルエンザに感染する可能性もあるので、十分注意しましょう。

加湿器など、最近はかなり安くなってきました。

加湿器にユーカリラベンダーペパーミントなど抗菌・抗ウイルス作用のある
アロマオイルを垂らして、湿度を保ったり部屋の空気を浄化したりして、
風邪やインフルエンザにならないようにするのがおすすめです。

インフルエンザの予防接種 副作用ってある?どんなの?

残念ながらインフルエンザの予防接種に副作用がない!とは言い切れません。

とは言え、重篤な副作用が出ることはほとんど無く、
予防接種を打った患部が腫れたり、赤くなったり、熱が出たりという
ごくごく軽度なものが10%〜20%程だと言われています。

インフルエンザの代表的な副作用
●患部の腫れ・赤味(患部が固くなる)
●頭痛・発熱
●全身の倦怠感
●じんましん

★★重篤な副作用の例★★
●アナフィラキシー
●けいれん
●脳炎・脳症

軽度の副作用はだいたい2〜3日で良くなります。

重篤な副作用がでることは極めてまれなので、そこまで神経質になる必要はありません。

今は怖いくらいの副作用が書かれていますが、全て薬事法の為なので
そういう副作用が必ず出るっていう訳ではありませんので、心配しないで下さいね。

ただまれに強いアレルギー反応を起こしてしまう人もいます。

アナフィラキシーと言いますが、ハチに刺された時などに聞いたことがある人も多いでしょう。

アナフィラキシーの場合、接種後すぐに症状が現れるので、お医者さんにすぐに
処置してもらえる可能性が高いです。

気になる場合は接種後、待合室で待たせてもらうといいかもしれませんね。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種の料金。今年すっごく高いんだけど何故?

毎年高齢者や子供に対しては、インフルエンザの予防接種の補助が出て
かなり安くで予防接種を受けることができますよね?

でもいくら安いと言っても子供は2回接種しなきゃいけないし、
大人は高いし、家族全員で予防接種を受けるとなると、かなりの金額がかかってしまいます。

大人のインフルエンザの予防接種の平均価格は約3,000円、
子供は約2,000円と言われています。

でも今年、インフルエンザの予防接種代ちょっと高くないですか?

病院の入口に貼ってあるインフルエンザの予防接種の案内を見てみると、
去年より上がっている病院が多いんです。

え?インフルエンザワクチンって値上がりすんるの?

正直、かなりびっくりしました。

どうして値上がりしたんだろ?と不思議に思ったので色々と調べてみると・・・

今まで、A型2種類とB型1種類の3種類だったものが、
去年B型2種類が流行したため、その2種類を足して4種類になったことで
インフルエンザワクチンが値上がりしたんだそう。

卸値は1.5倍アップ、金額にして約500円のアップになりそうですね。

たった500円かもしれないですが、家族全員で接種するとなると
ものすごい負担増になっちゃいます。

なので、今年はインフルエンザの予防接種を受けないという人も増えると
予想されています。

そうなると感染する確率も高くなるので、費用はかかりますが、
受験生の家族は高くても全員インフルエンザの予防接種を受けたほうがいいでしょう。

まとめ

インフルエンザはまだまだ先のことだと思っていましたが、
1月2月に人生で最も重要なイベントがある受験生にとっては
今の時期がとても大事です。

遅くても11月の中旬までには予防接種を受けさせ、
試験の頃に完璧な免疫力をキープした上で試験に臨みたいものです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加